« 5月22日豪雨のなか「国民投票法反対」集会に参加する。 | Main | 「ウクライナ問題」はソ連崩壊の一場面 »

May 26, 2014

土曜日も「ファシズム許さない」デモに急遽参加。

Kanden523b
(関電前で抗議のスピーチをする筆者)
▼ブログ読者のみなさーん。お元気でしたか?ニッポンを取り巻く情勢はますますきな臭くなっています。とくに中国機と自衛隊機の異常接近は一触即発で戦争に発展しかねません。もしそうなったら「聖域」は存在しません。日本の海岸線にある原発が3つくらいミサイルで破壊されたら、大飯原発3号機4号機の判決で出た、裁判長が指摘する250kmの同心円を描いて見れば分かりますが、日本に人間の住む場所はなくなります。防護マスクがないと生活できない、「ナウシカ」の腐海の世界になります。
▼国会では自公のグレーゾーン協議で、安倍晋三の戦争への道はますます前のめり。みなさんわたしは冗談を言っているのではありません。首都圏と太平洋沿岸での放射能汚染も同様です。茨城日立中央公園の汚染は知られているごく一部です。骨まで食べる小魚、海藻、貝は危ない。海保は東京湾のストロンチウムの計測を、意図的に1年前から中止してしまいました。栃木を筆頭に関東の川魚も同様です。「タラの芽が美味しかった」と書いていた人がいますが、自分で採取したすべての山菜はちゃんと自分で調べて下さい。屋外で仕事する人、畑や草むらなど表土がでているところで作業する人も同様で、最低3万円くらいの放射能測定器を購入して、自分の健康は自分で守って下さい。そしてブログをお読みの方はご自身でどんな抗議行動をしているかメールでお知らせ下さい。
524demo
「ファシズム許さない 怒りのドラムデモ」
▼土曜日はある例会があって新宿に出かけました。地下鉄を降りて京王デパートの出口に立つと何か騒がしい音がします。怪しげな黒と赤のZ旗のようなものが見えたので、これがヘイトデモかとあっけにとられて眺めていました。すると反原連のスタッフHさんとTさんが現れて「おいでおいで」と身振りで示すのです。あのお二人が言うなら間違いないだろうと、訳が分からないまま500m程一緒に歩いて来ました。これは帰宅して分かったことですが「ファシズム許さない 怒りのドラムデモ」との事でした。おかげでわたしは先週お休みしたのは水曜日だけ、前日抗議行動に参加しました。おかげで楽しい出会いがたくさんありました。
▼23日金曜日はまず内幸町にある関電東京支社抗議に行きました。スピーチを始めたときは火焔瓶テツさんと二人。最後には10余人になりましたが、ここで二人目にスピーチをしました。お聞きになりたい方はネットの探して下さい。動画を貼ってもクリックまでして読まれないのであえて貼りません。そのあと移動してわたしはしばし国会正門へ。福井地裁の「大飯判決」を受けて参加者は多く思えました。そこで偶然東芝の原子炉格納容器設計者の後藤政志さんの話を聞くことが出来ました。これもYouTubeにあります。探して読んで下さい。そのあと「希望の広場」から経産省前の『新自由主義と憲法改悪そして原子力に反対する霞ヶ関集会』に参加して気勢を上げてきました。この日も結局午後10時の最終ラウンドまで、延べ5時間も立ちっぱなしで現地におりました。

|

« 5月22日豪雨のなか「国民投票法反対」集会に参加する。 | Main | 「ウクライナ問題」はソ連崩壊の一場面 »