« 5月1日はメーデーの筈だったが…。 | Main | 蕪村の俳句「遅さくら」 »

May 07, 2014

連休中は何も良いことはなかった。

▼ブログ読者のみなさま。連休はいかがお過ごしでしたか?わたしはNHK「廃炉への道2」と「女性の貧困」を見てかなり落ち込んでいました。前者は2日の国会正門前のスピーチで話しています。問題はいろいろあるにせよ、ロシアは原子炉の消火活動で活躍した人たちに国家は勲章を授与して英雄的な行動を称えています。後者は何次下請けにまでして危険な作業にあたる人たちの賃金をピンハネしています。その何重にもわたる下請けは浮かしたお金を政治家にキックバックさせているといいます。それは国会前抗議に参加している年輩の方がおっしゃっていました。そして春の叙勲では某映画俳優Tに授与しています。どうして彼なのかまったく分かりません。この5年いや10年でも素晴らしい映画に出演していましたか?要するに「拉致被害者を返せ」というポスターに出演した功労賞でしょう。国策に協力したからです。
▼「女性に貧困」ではなぜ漫画喫茶に親子3人が別々に暮らしているのを国や行政がキャッチして援助の手をさしのべないのか。母親が8万円くらいの収入、妹と姉は一日一個のあんパンを分け合って食べて飢えを凌いでいました。そして姉は保母さんになりたいと学校にいくためのお金を貯めていました。
▼そして安倍はヨーロッパ歴訪で言いたい放題。オバマは日本を発つとき何と言ったか、これはホワイトハウスの英文を見て頂ければ正確に分かりますが、日本に対する警告を発しているのです。それをNHKはねじ曲げて「中国の尖閣進出は日米安保の対象になる」と意識的な誤訳をしています。
▼首都圏の大地震に対しては「首都直下地震とは直接関係ない」と気象庁に言わせています。だいじょーぶですか?そんな事言い切って。わたしはフクイチの4号炉の収束作業が一番気になりました。爆発したらもう首都圏は人が住めなくなる。これは本当です。だが誰も心配しない。東京湾の魚も本当は危ないのですが、海上保安庁はストロンチウムの定期定点検査1年前に意識的に止めてしまいました。実際は東京湾でオリンピック海上競技どころの話ではないのです。選手が被曝したら誰がどうやって責任取るのでしょう?
▼それに4日のTBS「噂の東京マガジン」で紹介された、船橋から三番瀬で取れる外来種のホンビノスという新種の貝。海には境目がなくj福島から繋がっているのです。根魚類もさることながら、貝はとくに危ないので、注意が必要です。昨日のニュースを見ていると栃木で川魚を地引き網で取って子どもたちに食べさせていましたが、これとて栃木の川魚はかなり汚染されており、狂○の沙汰としか言えません。何年後かに水俣病のような症状が出たら誰がどう責任をとるのでしょう。
▼ついでにもう一つ北海道のガスボンベ爆発事件で51歳の容疑者が逮捕されました。しかしマスメディアは一貫して警察発表だけ書き、「容疑者は一貫して否認している」と書いています。だったら国選弁護士でも誰でも頼んで被疑者に直接聞いて書けよ。それに昨日NHKのいう「模倣犯」による同様の事件が再発しているの。どうして??こういうニュース聞いていると頭が痛くなってくる。まだあるけど追々書きます。

|

« 5月1日はメーデーの筈だったが…。 | Main | 蕪村の俳句「遅さくら」 »