« 独放射線防護協会会長、東京オリンピック開催決定を非難。 | Main | 5日豪雨のなか改憲反対集会に参加した。 »

June 05, 2014

原子力規制委員会前から新橋SL広場のスピーチ。

604kisei
(6月4日の原子力規制委員会前の抗議行動)
▼めまぐるしく一日が過ぎてゆく。昨晩は既報のように六本木の原子力規制委員会で新人事案に反対する集会が開かれた。火山学者の島崎氏が契約更新ならず退任し、代わりに原子力村出身の田知中氏が就任されようとしている。彼が採用されたら、今後は原発「再稼働認可」が続出することが予想される。これにはファクスによる抗議が有効だとされている。筆者の手元には昨晩配布された該当する国会議員のリスト&fax番号がある。もしご協力いただける方がいたら、本日中にご協力していただきたい。
▼これだけ抗議活動が連日あると、交通費もバカにならない。なるべくカネの掛からない方法で現地まで行く。昨日は大江戸線「六本木」に出たが、かなり歩く事になる。いつもは神谷町から歩く。歩き馴れてはいるがJRと日比谷線で交通費が余計かかる。六本木交差点の交番で目的にビルの名前をいっても「地番が分かれば」といわれ、「スウエーデン大使館」というと親切に教えてくれた。ここから15分で見慣れた風景にであう。住宅地なので鳴り物はすべて禁止。自宅から持って行こうと思っていたが、荷物がだんだん増えるので取りやめる。現地ではミサオ・レッドフルフさんがプラスティック製のメガホンを貸して下さった。ビデオカメラは中継のIWJと私だけなので貴重な動画となるだろう。動画のようにコールが10分ほどあって、スピーチになる。100人余の集まりだが、周りを見渡すと10人程度の知り合いがいるので、挨拶や握手をする。
Sl064
(4日新橋SL広場へスピーチ。広場前の抗議活動風景)
▼誰も手を挙げないのでわたしが最初。しかし制限時間が1分は短い。反原連の係りからすぐ「お時間です」という「カード」が出てきた。あと普通の人のスピーチはなく、リーダーの原田裕史さんと服部至道さんだけで、コールに終始した。後半近くの住民らしき女性が警官に苦情を述べていた。タンポポ舎の柳田さんと名刺交換して、わたしは新橋SL広場に小走りで向かう。愛宕トンネルを潜って約20分終了する前に到着することができた。ここでは「福島の子どもたちを被曝させない」という毎週水曜日に文科省前で抗議している皆さんが、街頭行動をなさっていた。詳しくは動画を見ていただくとして、最後にマイクが回ってきたので、ここでもスピーチをした。
▼国会や官邸前はみんな考えが同じ人たちのあつまりだ。しかし駅頭というのは、有楽町もここも酔っぱらいや広場で寝込んでいる人たちもいる。だから対話ができる。6月1日の反原連の大集会も、ブログにアクセスする読者が減っているように激減して半分の1万人しか集まっていない。要するにみなさんマスメディア、TVの連日報道で洗脳されてしまっている。オリンピック招致。今市幼女誘拐事件の解決?、スパイウィルス容疑者の再逮捕、プロ野球交流戦、娯楽ドラマに、やらせに満ちたエセ旅番組。みなさんこれで満足して関東地方でも放射能の線量が上がっていることに危機をもっていらしゃらない。先日アメリカのサスペンスドラマを見ていたら、向こうにも「見ざる、言わざる、聞かざる」の猿人形があった。「三ザル」を英語では何と言うのだろう。4時間行動に参加して午後10時過ぎに帰宅。この充実感は何者にも代え難い。

|

« 独放射線防護協会会長、東京オリンピック開催決定を非難。 | Main | 5日豪雨のなか改憲反対集会に参加した。 »