« 6日反原連は中止でも豪雨の中抗議する。 | Main | 日本では「無血クーデター」が進みつつある。 »

June 10, 2014

9日は九電東京支社抗議行動する。

▼国会周辺は風雲急を告げている。原子力規制委員会人事案、改憲など3つも4つも抗議行動が輻輳している。だがわたしは身体は一つしかないので、定例の有楽町九電東京支社抗議行動に行く。到着すると主催者のお吉さんとモービルさんがいらして、わたしは3人目だった。豪雨の予想が出ていたのでレインスーツを着用していったら、「中々あり得ない配色」とほめられているのか、どうか分からない挨拶をしていただく。人数が少ないと2時間で2回スピーチすることもあるが、昨晩は一回だけで済んだ。発言しているのは斉藤さん。もう80歳くらいになると思うが、どんな集会にも出かけてきてしっかりした口調でお話される。
▼安部首相は今国会終了の22日までに「集団的自衛権を閣議決定する」と語っている。どのみち公明党は最後に寝返るに決まっている。だから安心できない。NHKは「何としても今国会中に」というが、他の新聞は「前のめり」とも言う。電子大辞林によれば「倒れそうに体が前方へ傾くこと」と書いている。広辞林は「前方に倒れるように傾くこと。」とややおとなしい表現である。
▼街頭で抗議行動をしていると、様々な人が来る。喋っている人につばをはきかけたり、「クルクルパー」を指で示したり。中指を立てたり、様々だ。昨晩はビデオカメラを回しているわたしの所に、若い女性がやってきて「写りたくないのでカメラを止めてくれ」という。わたしのビデオカメラはオモチャみないな市販品で画質も良くない。となりにツイキャスをやっていたKさんにも伝えると、彼はカメラのレンズを地面に向けた。従ってわたしも同様にした。カメラに写りこむ心配をするより、雨に濡れない心配をした方、ご自身のためだと思う。厳密に言えば、警察に道路使用許可を取っているわけではないので、クレームに従うしかない。
▼みなさんはこのあと午後7時から関電と中電に向かう。わたしは週の初めに全力を出すと後が辛いので、ここでお別れし、ツイキャスで発信し続けた。

|

« 6日反原連は中止でも豪雨の中抗議する。 | Main | 日本では「無血クーデター」が進みつつある。 »