« July 2014 | Main | September 2014 »

August 29, 2014

「デング熱」には罹らなかったか?

▼「デング熱」報道が飛び交っています。まさにあの場所は17日に「ガザを支援する」集いがあった代々木公園の同じ場所でした。あの日午後6時には芝生の上の集会は終わる予定でした。ところが6時少し前から始まったパレスチナの人が話す「イスラエルとパレスチナの歴史」が中々終わりません。
▼用意のいい人は防虫スプレーなどをもって準備をしていました。スピーチが全部終了したのは、午後7時頃でした。芝生の上ではパレスチナのビールなども販売していたので、蚊にくわれた人がいなかったのでは、と心配しています。
▼28日の夕刊には自民党の高市早苗氏が「国会周辺のデモを規制する」と発言したと書かれていました。それもオリンピックを控え「ヘイトスピーチ」と「抗議行動」のデモ規制をひとくくりにしていることです。こういうのはまさに「ナチスの手口」といいます。今のうちに「抗議の声」を挙げないと、国民が持っている「請願権」まで奪われてしまいます。
▼昨日、何人かの方々から9月の川内原発反対行動に参加するカンパを頂戴しました。ありがとうございます。

|

August 28, 2014

気温が一気に下がって寒い九電前。

827a
(27日九電前でスピーチするテツさんとトラメガを抱える筆者。kenさん撮影の動画から)
▼昨日から気温が一気に下がってしまいました。午後5時半の九電東京支社抗議でも、小雨の中みなさん一様に「寒い、寒い」を連発していました。図書館にいくと出口の脇に除籍本(古くなって保管を止めた本や、雑誌が無料で提供される)コーナーに立ち寄ると、「エコノミスト」、「ダイヤモンド」、「日経ビジネス」が並んでいたので、1年ほど前の雑誌を数冊頂いてきました。
▼デモクラTVでも新しい番組として「エコノミスト」のコーナーが出来たばかり。司会者の一人内田誠さんは、「一般のジャーナリストは早口だが、経済系の人は語り口からして違う」としきりに感心していました。これらの雑誌で紹介されている業界は、わたしが普段接している世界とは異なります。とくに書評で紹介されている本は珍しいものばかりなので、早速図書館に2冊ほどリクエストを出しました。
▼帰り道、来月の鹿児島までのチケット代金を航空会社に払い込んだので、とりあえずOKです。ネットで見ると薩摩川内市にはLANが使えるホテルもあるようなのですが、使えればPCは持参します。取材・行動経費をカンパしてくださる方がいらっしゃいましたら、10円、100円からでもありがたく頂戴いたします。ご一報下さい。
▼夜の九電前では編集者のHにお会いして「LEONの雑学講座を更新しました」とお話ししたら、すでにご覧になっていて「バージョンアップしましたね」と仰って下さったので、またやる気になりました。Sさんからは「ダムダム弾とは何ですか?」と聞かれたので次号はそれがテーマになるかも知れません。

|

August 27, 2014

◇「思い出のマーニー 」を見る。

▼昨日鹿児島から9月27日と28日に開かれる「川内原発再稼働反対!」集会に参加して欲しいという要請メールが届きました。前回お世話になったので、今回も参加することにしました。前回よりも費用がかかります。もしブログをお読みの方で取材、写真撮影(原稿執筆・スチル写真)のご希望がありましたら、一定の条件でお引き受けします。デモには行けないがカンパなら出来るという方もご協力をお願いします。
▼「LEONーRANMA雑学講座(旧:役に立たないかも知れないニュース解説」(2)を発行しました。ご覧下さい。
◇「思い出のマーニー 」札幌に住むぜんそくもちで寝込むことが多い主人公、杏奈は夏休みに根室住む叔母の家に転地療養に出かける。あるとき実の母でないことを知った杏奈は心を開けない少女になっている。海岸に住む叔父と叔母は暖かく杏奈を迎えてくれる。あるとき海岸を散歩していると不思議な洋館が目に入る。磯伝いに洋館にたどり着くが帰りは満ち潮になり一人の老人のボートに乗せて貰う。ふと洋館を見上げると何やら灯がともっているように見える。喘息にあえぎ、実の母ではないという苦しみを抱えた主人公杏奈。療養先の叔父たちはどちらかといえば杏奈をあまり構わず、距離をおいて見守っている。洋館に住む少女マーニーとの出会いは、初対面ではないような気分にさせ、心を開いて会話することが出来る。マーニーとの出会いは、一体これは友情なのか、夢なのかと見ているものを思わずストーリーに引き込まれてしまう。だがやがて義母が迎えにやってくることには、今までのわだかまりも少しずつ解けて、素直に「お母さん」と呼べる気分になっていく。

|

August 26, 2014

スタジオの背景を考慮中。

▼「ニュース解説」は今朝になって2件のアクセスが増えた。ブログのアクセスとは残念ながら正比例はしない。ブログ経由の方はおそらくトータルで2件くらいだ。2週間ほど前から「やる、やる」と言っていたがウェブカメラの画像が突如でなくなってしまった。隣りの駅にある家電量販店に、金曜日朝一番で持ち込んだら30分ほど点検してくれ、最終的に新品と交換してくれた。場合によっては買わなければと覚悟していったがが、保障期間が2年でまだ1年しか経過していなかったのだ。
▼翌朝テストを3回ほどして撮影したのが、今公開している動画となっている。昨晩有楽町九電東京支社抗議にいったら、常連のHさんが「見ましたよ」と仰って下さった。意外な方がご覧になって下さっていて嬉しかった。「背景を何とかした方が良い」とアドバイスを頂いた。これは自分でも感じているので、次回撮影までに大きな壁紙を買ってきて、それらしくしたいと思っている。よく役所や企業で記者会見するバックは実はセットでネット販売している。
▼昨晩の九電東京支社抗議で、また新しい人とお会いすることができた。

|

August 25, 2014

秘密法のパブコメ書きましたか?締め切り終了…

▼みなさんお早うございます。金曜日は国会正門前で最初にスピーチさせていただいて、希望のエリア、経産省前へと移動しました。土曜日は午後から首相官邸前で「辺野古に連帯する集会」に参加。詳細はツイッターに書きましたので重複することは極力避けます。日曜日も夜新宿で「解釈改憲で9条壊すな」デモがありましたが、日曜日は休まないと体力が追いつきません。しかし友人・知人はツイキャスを見ていると何人も参加していました。中には熟年の女性も数人いらっしゃいました。
▼みなさん24日は特定秘密法のパブコメ締め切り日でしたが、書いて送って下さいましたか?デモにも行かない。ネットでパブコメをどうやって書くのか分からない、では話になりません。日本の政治変革を求めるならば真剣に自分の出来る事に取り組んで下さい。
▼先日取材に行った木更津基地にはオプスレイが補給、修理基地として利用することが決まったようです。
▼以下はわたしが一週間にあちこちでしゃべった事をビデオニュース解説として作ったもので15分番組です。今後週一回放送する予定です。ご意見などお寄せ下さい。
▼22日経産省前でKさんがスピーチで紹介した「NO」は30日から有楽町のヒューマントラストで公開されます。ピノチェト政権下で行われた選挙で広告(選挙のCM)で工夫した人達の闘いです。ぜひご覧下さい。

|

August 22, 2014

インクが認識しないプリンタ-の事など。

Photo
(デモクラTV「靖国神社」のスタジオ風景。正面は島田裕巳さん、後ろ姿池田香代子さん)
▼先月末キャノンのプリンターのインクが少なくなったので数種類買い置きしておいた。昨日いざ取り付けようとすると「認識しない」とでた。今までと「格安のエコカートリッジ」で問題なかったのに、いきなりこれだ。プリンターメーカーは本体価格を安くしてインクで儲けようとしている。それでプリンターとインクの接点に認識機能を付けている。あざとい商売だ。近くの駅の量販店は領収書があれば封を切っても交換してくれるので、今朝図書館の後いってこなければ、仕事にならない。
▼もう一ついきなり動かなくなったのはウェブカメラ。コントロールパネルのUSBの接点を点検し、ドライバーを入れ替えてみたが、画像はでてこない。一応量販店に持参するが、買っても本体は1200円くらいなので、自分の人件費を考えると買った方が遥かに安い。
▼デモクラTVで先週土曜日録画した「靖国神社」が放映されている。スタジオライトを当てられた自分はやけに老人顔になっていて見る気がおきない。

|

August 21, 2014

銚子の取材を終えてから夜の有楽町の九電抗議集会へ

820
(20日九電前でスピーチする筆者。kenさん撮影の動画から)
▼取材は電車で移動する時間が5時間余。取材した時間はジャスト1時間。話はとても面白かった。夕方は有楽町駅前の九電東京支社前抗議があったので駆けつける。一番乗りで数分後に主宰者の火焔瓶テツさんが現れる。「きょうは銚子ではなかったんですか?」といわれ驚く。「どうして知っているんですか?」との問いに「ツイッターに書いてあったでしょう」といわれ二度驚く。ちゃんと見て下さっていたのだ。銚子灯台のてっぺんの動画
▼その直後どこかのTVクルーが現れて「取材させくれ」という。そして「香港のTVで責任者の声と参加者の声を取材したいが、何人くらい集まるか?」というのでテツさんは開始時間を少々遅らせ張り切ってインタビューに応じていた。この運動は中国本土だけではなく、アジア中のTVに流れるに違いない。1時間半の抗議が終わってかなりヘトヘトになっていたが、メルマガの締め切り日だったので、編集して11時過ぎ送信を終える。

|

August 20, 2014

◇「めぐり逢わせのお弁当」を見る。

▼昨日ご紹介したボールはスーパーの片隅にあったので4本買って来た。本日は朝7時半には電車に乗って取材に出かける。さらに夜には九電前抗議がある。体力が残っていたら参加する予定。取材といっても、往復5時間は電車に乗って移動することが、一番時間が取られる。メルマガは夜の送信になります。
◇「めぐり逢わせのお弁当」(原題はLINCH BOX)インド映画だが、いきなり踊り出すのとは違う。インドの下町に住む20代後半の女性イラ。夫と5歳くらいの娘と暮らしている。インドのサラリーマンの昼食は弁当会社と契約するか、妻が作ったものを宅配業者によって職場に運ぶシステムになっている。弁当を作っても夫は帰宅して「美味いとも不味い」とも言わない。ある日、弁当は業者によって別の人物サージャンに届けられる。それが分かったのは、弁当箱にメッセージが入っていたからだ。そして二人の手紙の交流がはじまる。
▼イラはもう一人子どもが欲しいと思っているが、どうやら浮気をしている気配がする。それは洗濯物の臭いでわかる。階上に住む叔母さんは、寝たきりの夫の介護をしながら弁当作りのアドバイスをしてくれる。イラの母もまた寝たきりの夫の介護をして経済的に逼迫して、医者にかかるお金にも事欠いている。イラはサージャンにあって相談しようとする。またサージャンは早期退職して田舎に引っ越そうと考えている。心のひだまで描くこの監督の力量は凄い。とても評判の作品なので1時間以上前に行かないと見ることができない。銀座シネスイッチ。

|

August 19, 2014

九電前抗議もノイズにしか聞こえないのか?

▼先週仕事で出かけたときサングラスを某所に忘れて来てしまった。もちろんすぐ気づいて探したのだが見つからなかった。翌日「発見した」という連絡を頂いた。さっそう眼鏡ケースと返送用封筒を同封して「返送」をお願いしたら18日朝に届いた。自分が動けば交通費は片道750円、郵送ならば3辺の合計が9cm以内であれば、140円で済む。
▼昨日も夜は九電東京支社前抗議に参加した。最初は3人だった。また長い話をしなければと覚悟したら、最終的には10人余で一人一話で済んだ。途中Kさんがスピーチ中。九電社員らしきスーツを着た○暴風の中年男性がK三に顔をくっつけるように「うるせえんだよ」と叫んでビルの中に入っていった。いつも警備にたつ社員と目配せしてビルに入ったので、「スピーチする人達を脅すこと」を会社として決めたことなのだろうか?いずれにしても九電には抗議もノイズとしてしか聞こえていない。これで4日連続出動。
▼昨日のブログでご紹介したトマトビールは生産が終わってしまったようで、18日はすべて引き上げられ一本もなく。秋ビールが並べられていた。買いだめしておけばよかった。今後は普通のビールにカゴメジュースを混ぜて飲むしかない。

|

August 18, 2014

土日も休みなしで行動に参加する。

615keisan
(15日経産省前でスピーチする筆者kenさん撮影の動画より。
▼金曜日から3連続の出動でした。15日、反原連はお盆休み。そのため「希望のエリア」で撮影だけして経産省前のテツさんの「武器を無くそう、戦争無くそう.霞ヶ関アクション」に参加してスピーチをする。先週よりはまとまった話ができたかな?明日があるので9時40分に辞去。土曜日はデモクラTVの抽選に当たって、宗教学者島田裕己氏のご案内で靖国と遊就館の説明をしていただく。大鳥居の下で池田香代子さとお会いする。前から一度お会いしましょうと言っていたので、ちょうど良い機会だった。YouTubeの「靖国への道」は会う直前までを撮影したもの。
Beer1
(この夏筆者が愛飲しているトマトビール、美味)
▼その直後から島田さんが靖国境内の銅像や建築物をご紹介して下さったビデオ(約1時間)は撮影したが、一般参加者の肖像権があるのでYouTubeにはアップしていない。遊就館も1時間見学して池田さんが探して下さったそば屋さんで昼飯を食べ、お茶の水のデモクラTVスタジオで収録。1時間ノーカットをやり直しなしで一発録画。
Ikeda516
(参加者の出欠をとる池田さん)
これは近く放映されるが、デモクラTVはネット有料TVなので契約していないとご覧になれない。
Tetu517_2
『FREE GAZA! PICNIC』でスピーチするテツさん。
▼日曜日は夕方から代々木公園で『FREE GAZA! PICNIC』の集会があったので参加する。場所が分からなくで代々木公園を1時間半もぐるぐる回ってしまった。パレスチナの人のお話はなぜパレスチナが出来たが歴史的な経緯を話して下さって分かりやすかった。

|

August 15, 2014

パブコメ締め切り直前「再稼働反対」集会に参加

814yu
(14日、有楽町駅前でスピーチする筆者、kenさん撮影の動画から)
▼昨日は目を覚ましてPCに向かってツイッターをチェックすると、「パブコメ締め切り直前、九電東京支社前で緊急抗議行動を行うというテツさんのメッセージが出ていた。やはり3連休にはならなかった。夕方には雨脚が結構強くなったので、レインスーツとゴム長を履いて出かけた。湿度は高いからかなり苦痛だ。場所に到着すると、火焔瓶テツさんと、いつも一緒になるAさん、それにわたしの3人である。テツさんからは「スピーチは長めにお願いしたい」念押しがある。1時間半を3人という事は一人30分である。10分ならば出来るが、そんなに長く話す自信はない。
▼スマホを持っている人もいないのでネット中継もできない。しかし30分ほどするとネット中継もできる人数になった。最終的には15人くらいになったかと思う。わたしは「通院しているので行けない」、「子育て中で行けないから」と頼まれた場合は、その方々の分も怒りを込めて抗議活動をしてくる。頼まれない方は放ってある。きょう15日の敗戦記念日は靖国神社では、「戦争する国OK?NO!」のシーツ投票をする。さらに市ヶ谷防衛省前では辺野古の沖縄防衛施設庁の強制杭打ちに抗議する集会がある。
▼お盆やすみでエアコンの効いた部屋で寝転がっている方もいるかも知れない。わたしは身体が一つなので、夜の経産省前の一ヶ所しかいけない。明日は朝から靖国の遊就館に行く予定だ。みなさん川内原発再稼働反対のパブコメは「再稼働反対」の一言でいいからいますぐ書いて頂きたい。

|

August 14, 2014

正しい数字の数え方とは何か?

▼昨日仕事の打ち合わせで出かけたついでに、某駅で下車して友人と「虚頭会談」をしてきた。読者のみなさま、東京の下町方面に来ていただければ、いつでも虚頭会談には応じます。その会談で「サバ読み」の話が出た。ふとベトナム戦争の北爆の話を思い出した。「北爆」とは17度線の北にあった、ベトナム民主共和国(通称北ベトナム)をアメリカがいきなり空爆を始めたのだ。それまでは南に限っていたのだが、解放戦線の浸透を防ぐため、越境爆撃をした。
▼当然そのとき北側はミサイルや対空砲火で対応した。そのとき多数の陣地から砲撃するので.一機撃墜したにもかかわらず5つの陣地からそれぞれ「一機撃墜」と報告があるので「5機撃墜」と5倍の数字になってしまう。当時の国家主席ホーチミンにお伺いをたてたところ、「最初に残骸に触ったものだけが報告しなさい」とアドバイスを受けたという。それから誤差がなくなったというのだ。昨日の数え方は「減っても減数は報告しない」ので、増加の一方をたどるという話だった。
▼今晩は急遽有楽町の九電前で抗議行動が行われるので参加する。ツイキャスで実況中継をご覧下さい。

|

August 13, 2014

NHK10日夜「60年目の自衛隊 ~現場からの報告~」

808koa
(8月8日国会正門前スピーチ風景。反原連がこの場所が使えるのもあと3回。9月から今後2年間水道工事で使えなくなる。次の場所はまだ決まっていない。)
▼パブコメは書いて下さったかな?NHK10日夜「自衛隊60年」を見た。防衛大学を卒業したり、各部隊から推薦された幹部候補生の訓練風景が中心だった。実弾射撃の訓練で教官は「指揮官と兵士の射撃方法は同じで良いか?」と尋ねる。ほとんどの隊員は「同じ」と答える。しかし教官は「指揮官は曳光弾を撃って敵の位置を示す。部下はそこをめがけて撃てば良い」と答える。つまり自分の考えよりも、上官の命令を忠実に聞くことが良いとされる。何も疑わずただ射撃する。食堂で隊員たちは安倍首相の「集団的自衛権を閣議決定」という報道を黙って見ていた。実弾を発射しなければならない状態が迫っていること痛切に感じていたのではないだろうか?
▼千葉の部隊から推薦で来たという女性は「災害派遣で活躍している自衛隊を見て応募した」と素直に語っていたが、銃弾を発射しなければならない事態をどう考えていたのだろう。それに沖縄の辺野古で起きていることをどう考えるのだろう。
▼猛暑のなか、仕事の打ち合わせに向かう途中、電車で30分先に進んでから忘れ物に気づく。タクシーで戻って10分遅れで得意先に到着した。夜はある知人とツイッターで会話が弾んだ。

|

August 12, 2014

川内原発のパブコメは14日締め切りです。

▼お盆だが、朝から仕事の電話が相次いだ。そして夜はいつもの九電東京支社抗議に出かける。主宰者のお吉さんは6日再稼働阻止全国ネットワークの人達と九電東京支店に入り幹部と面談した。そのとき相手から「フクイチがどうなっているか一切知らない」という発言があったというので、二度びっくり。(6分あたり)川内原発再稼働に関するパブコメを出していないかたは今すぐ出して頂きたい。ネットが出来ない方はハガキでも手紙でもよい。内容は1)川内原発の下には活断層がある。2)火山の噴火は予知出来ない。3)避難計画はあまりにもずさん。4)冷温停止している今こそ廃炉のチャンス。これだけでよい。
▼日曜日YouTubeで「5台のカメラが壊されたーパレスチナ」を見た。パレスチナの土地にイスラエル人がやってきて有刺鉄線を張り、それが壁になっていく5年間の記録。抵抗運動の途中でビデオカメラが破壊され、子どもも成長していく素晴らしい58分の作品。

|

August 11, 2014

YouTube問題は一応解決したが…。

08090a
(9日イスラエル大使館前で抗議する、手前右腕を上げているのが筆者。レイバーネットより)
▼台風は関東地方には大過なく過ぎ去った。金曜日はまず国会正門前で「10月からこの場所が水道工事で使えなくなる」というアナウンスがあった。そこでスピーチをしてから「希望のエリア」でスピーチをして経産省前のテツさんの所にゆく。こちら後半かなり集まって来たので9時40分に早退する。列を離れたら信号のところまでTさんが追いかけてきて、「土曜日イスラエル大使館前で緊急集会があるので来てくれ」と言われる。
「希望のエリア」でスピーチする火焔瓶テツさん
▼帰宅して撮影した動画をYouTubeにアップしようとしたがすべで拒否される。
809c
(イスラエル大使館の抗議風景ETのTシャツが筆者IWJより)
意識的な政治ブロックなのかどうかは不明。その状態は10日朝まで48時間も続いた。大使館前の抗議が終わってテツさんにお話したら、経産大臣の茂木がイスラエルに行ったのは原発のセキュリティをやているマグナ社と、そういう話し合いをした可能性があるという。全世界連帯緊急抗議に集まったのは約80人。警備の警察官も同じくらいの人数がいた。これを過剰警備と言わず何というか。

|

August 10, 2014

YouTubeに関するお知らせ。

▼日曜日です。昨日のイスラエル大使館前の抗議は参加者と警察官が同数でした。しかも旧日テレ前で完全にブロックされ7月12日のような抗議も出来ませんでした。ところで金曜日帰宅してからYouTubeに動画をアップロードしようとしたところ「互換性のないファイル」とブロックされました。土曜も同じ状態がおきました。したがって原因不明ですが、アップできません。政治的なブロックかどうがは不明です。各種抗議行動でビデオ撮影している友人たちも同じ症状が出ているようです。したがって原因がわかるまでYouTubeには動画は紹介することでできません。ご了承下さい。

|

August 09, 2014

8月9日午後2時からイスラエル大使館前で抗議行動。

下記を参照に、是非お出かけ下さい。

|

August 08, 2014

溜まっていたNHKETV録画を見る。

▼2日間、夜間の抗議行動に参加しなかったので、溜まっていた録画ビデオを数本見る事ができた。「ルポ原発作業員2」。「日本人は何を考えてきたのか」では、「北一輝と大川周明」。「日本人は何を目指してきたのか」は司馬遼太郎。司馬はそれほど好きな作家ではなかった。彼は戦車兵として戦前習志野で訓練していたこともあった。番組では天皇の統帥権が議会を超越したことに一番問題があるとした。そして在日の友人を通して隣国朝鮮の文化が日本に影響を及ぼした事をしり、若い頃自費出版の雑誌に連載を書いていた。
▼また『大本教(おおもと)民衆は何を求めたのか~出口なお・王仁三郎~ 』はかなり面白かった。番組では北海道大学准教授の中島岳志が亀岡、綾部など大本教ゆかりの地を訪ね、近代日本の民衆思想に分け入り、弾圧事件の真相に迫る。教組出口なおは 神のお告げがあったとして修行を重ねてて大本教をひらく。彼女の娘と結婚した王仁三郎は思想を体系化しようと苦労するが、一時期満州などに出かけて国策によりそう所もあるが、やがて対立し、治安維持法違反で検挙、大本教は権力によって徹底的に破壊された。
▼みなさん連休中にかならず川内原発再稼働反対のパブコメを書いて出して下さい。

|

August 07, 2014

第19回規制委傍聴記(抄)

▼六本木の原子力規制委員会に行く方法は5つくらいあるが、今のところ大江戸線「赤羽橋」駅から歩くのが気に入っている。6日の第18回会議は、配管の溶接方法と素材など技術的な問題がメインだったので関係者の傍聴が多かった。「破壊靱性評価」には様々な数式が出てくると、田中委員長は「僕もこういうのよく分からないけど」というと傍聴者の一部から「大丈夫か?」という呟きが聞こえた。筆者撮影の第三議題の動画はこちら
▼重大な内容はフクイチの地震・津波対策が目に見える形で進んでいない事に、更田委員から「一ヶ月か、一ヶ月半で早急に対策をたてる」よう発言した。しかし島崎委員は号令だけでできる訳ではないので、乱暴すぎるという補足意見も出た。更田氏は「毎回言っているがトレンチの汚染水が一番危険なので、ここは何が問題なのか早急に調べる必要がある。一ヶ月で出来ることは大体1週間でできる」とかなりハッパをかけていた。
▼また原子力機構が行った、もんじゅの保安検査で一次系配管に関する機器の再点検で割れピン4ヶ所の欠損があった。未点検状態の配管支持構造物があることが、書類に書かれていない事は問題であると指摘があった。
▼しかし7日の朝刊によれば「3号機の燃料はほぼ全量が落下して回収が困難である」と報じられているが、こういう情報が会議のあと発表されるのはとても不思議だ。
▼先週水曜日は昼間規制委の傍聴、夜スーツデモに参加してひじょうに疲れた。昨晩は九電と東電抗議があったが夜の部は欠席した。

|

August 06, 2014

「原発なければ日本は滅ぶ」と叫んでいく人がいた。

▼ふと気がつけば、旧盆まであと5日ほど。常備薬をチェックすると盆明けまで保ちそうもないので、クリニックへ駆けつける。猛暑のせいで待っている患者の数も少なく、1時間で調剤薬局まですべて終了した。
▼夜は有楽町の九電前まで出かける。これで3日連続の出動。もう3日も行くと喋ることはそれほど変化はない。しかし歩いている人の顔ぶれは違うので、それでも構わない(と勝手に思う)抗議半ば「原発がなければ日本は滅ぶ」と暴言を投げつけて立ち去った中年親父さんがいた(この動画の3分40秒の辺)。可哀想に、原発の存在が日本を滅ぼすというのに、マインドコントロールされていることに気がつかない。「お話しましょう」と呼びかけても、それに応じないでさっさと立ち去る。今晩も原発再稼働阻止全国ネットワークによる抗議活動があるが、少々疲れたので不参加。
▼メルマガ送信するも、感想はゼロ(対費用効果ゼロという事)。もうこれ以上続けても意味がないと思われますので、年内で発行停止にする方向を検討しなければ…。

|

August 05, 2014

◇「イーダ」を見る。(ポーランド映画)

▼夕べも九電に行った。日曜日から連続3日になる。イスラエルのガザ攻撃に反対するスタンディング・オベーションにも誘われているが、所詮身体は一つで、猛暑ということもあり必然的に有楽町駅前になる。4日の動画はこちら。NさんのスピーチからラストのKさんまで。
◇「イーダ」1960年代初頭のポーランド。孤児として修道院で育った少女アンナは、正式に修道女になる儀式を控え、院長から親戚の叔母に会うように勧められる。叔母の家を訪ねると最初は「なぜ来たの?」と聞かれるが、彼女の口から自分の本当の名前がイーダ・ベルシュタインである。そしてユダヤ人であることを明かされる。両親はなぜ自分を捨てたのか、自身の出生の秘密を知るため、イーダはおばとともに旅に出る。
▼やがて両親を殺したという人物に出会う。そして両親が持っていた土地建物と引き替えに、埋葬した場所を教えるという交換条件をのまされる。そして修道女の自分とは違って旅の先でも人生を謳歌している叔母の姿に自分とは違う魅力を感じる。共産主義体制のポーランドを出てヨーロッパ各国で映画を撮り続けてきた映画作家パベウ・パブリコフスキ監督が、初めて母国ポーランドで撮影した作品。土曜日の初日初回を見に行ったら、開映30分前でイメージフォーラムを観客が一周していたのでびっくり。でも何とか座れた。

|

August 04, 2014

ガザ市内の空爆の様子を紹介するミラーサイト。

▼ガザはどうなっているか?以下はガザの実況中継のミラーサイトです。時折激しい空爆の様子が流れてきます。NHKでは喧嘩両成敗的な報道をしていますが、圧倒的軍事力を持つイスラエルがパレスチナの殲滅を狙って攻撃しているのです。イスラエル兵が一人殺されたらパレスチナ人を100人殺すのが、生き残る道だというのがイスラエルの考え方です。13人の少年を殺したと豪語するイスラエル狙撃兵の話もツイッターに出ています。
▼先週は考えて見れば、4日間の7行動に出動。金曜日は国会正門前と希望のエリアでスピーチしてから経産省前の「武器輸出絶対反対」集会に向かう。しかし8時40分で体力の限界を感じ、テツさんにご挨拶して終了を待たず、リタイア。昨日の日曜日も午後3時半から九電東京支社の特別抗議があって参加する。ビルの警備員さんは「聞いていないが、いつまでやるのか?」と問いただす。1時間抗議をして反省会。実は金曜日経産省前でビデオの外部電池がカメラ側に電力を供給できなくなってしまった。土曜日A君の工房に持ち込むが充電部分の極小基盤が壊れていて修理は出来なかった。1700円で買って、たった一週間の寿命だった。
▼今週もきょうから連日の抗議行動が目白押しだ。

|

August 01, 2014

外務省前のガザ攻撃反対集会に参加。

▼お早うございます。このスタイルのブログは本日が最後になります。みなさんもわたしも持っている時間は一日24時間。わたしの場合、父と比較してみると惚けないで生きられる時間は10年程度。その間にどんな社会貢献ができるか、常に考えます。10年間ブログを続けてきましたが、変化を求める人は意外に少ないのでは、と考えるようになりました。昨年12月に始まったニフティのブログ解析はどなた(個人名までは分からないが、常時アクセスして下さる方は大体見当がつく)がどのページを何秒ご覧になったか分かる様になりました。圧倒的多くは秒単位でチラッとご覧になるだけ。
▼夕べも外務省前で開かれたイスラエルのガザ攻撃抗議集会に行って来ました。興味のない方にあれこれ書いても仕方ありません。ツイッターにはツイート(発言)するとそれに同意するという意味で「リツイート」ボタンを押します。昨日の例で言うと主催者の火焔瓶テツさんは30日の午前中に「外務省前で緊急集会を開く」とツイートして、わたしもそれを見て「やるんだな」と確認しました。リツイート数は187件ありました。わたしは行動の場合「自分が参加する意思」を持っている時だけ「リツイート」ボタンを押します。昨晩の参加者約30人弱。「リツイートの意味」って何だろうと思います。テツさんと行動を共にすると、公安の警備車両が1台3m以内にぴったりくっつきます。それにテツさん専門の公安職員が常に同行します。わたしは顔も過去も知られているから、今更怖くはありません。しかし現地の行動に参加するという事は、ネット視聴と違ってそういうリスクも背負う訳です。以下31日の筆者の発言。 The Riverさん撮影。このスピーチの中で本の紹介を間違えています。正しくはレニ・ブレンナ-の「ファシズム時代のシオニズム」(法政大学出版会)です。
▼その前の日のスーツデモも、わたしのYouTubeでアップした6本の動画で一番多いのが約50人。登録して下さっている定期固定客様は57名。ありがたい事です。ネットの世界では今流行しているのはツイキャスと呼ばれる、スマホを使った個人実況中継です。一つの集会に平均5人は中継して下さる方がいます。ツイキャスのサイトに行って、場所、抗議の名称を入れると大体検索できます。わたしの言動はどこで分かります。そこでどうやらわたしは「イスラエル大使館前に抗議行動した5人の一人」という事にもなっているらしい。
▼それはともかく、猛暑でぶっ倒れそうになる街頭で抗議活動をしたりビデオを回すより、涼しいところでビールを飲んでいた方が、あるいはタコツボに潜って,、無関心を装い嵐が通り過ぎるの待っていた方がよほど良いのかも知れません。しかし声を上げなければますます住みにくい世の中になることは間違いありません。わたしは東大を出た官僚達にみすみす殺されたくもありません。ツイッターやツイキャスでは「応援」「声援」が伝わって来ますが、残念ながらブログはほとんどゼロ、限りなくゼロ。抗議行動に毎晩行っても疲れませんが、これには疲れてしまいました。

|

« July 2014 | Main | September 2014 »