« 31日から2日までの行動紹介。 | Main | 九電抗議、担当の3日間を無事に終了。 »

November 04, 2014

◇「 誰よりも狙われた男」を見る。

▼連休いかがお過ごしでしたか?わたしに連休はなく、九州電力東京支社前抗議行動を中心に動いていました。昨日はこの2週間、録画しても見る時間がなかったDVDを見て、締め切りが明日に迫ったメルマガの読書をしていました。九電は7日の鹿児島県議会で川内原発再稼働要請決議をしようとしています。さらに北陸の志賀原発や浜岡など複数の原発の再稼働を狙っており、情勢はかなり緊迫しています。
◇「 誰よりも狙われた男」ドイツのハンブルグは港町で、世界各地から密航者やスパイが暗躍する場所と言われている。港町に密航してきた一人の男が排水溝から這い上がってくる。男はチェチェンから来たイッサと呼ばれている。一方ハンブルグのテロ対策チームは監視カメラはこの不審者の動きを察知する。リーダーはバッハマンはイッサの入国目的を知ろうと必死になる。するとイッサはイスラム過激派に属していることまではすぐ分かるが、入国の目的がはっきりするまで泳がせて置こうとする。ただそのことで「すぐ逮捕しろ」という、他の情報機関やCIAの支局と対立することになる。
▼アメリカのスパイ映画と違って銃弾が一発も発射されない。それにバッハマンはでっぷりと太っており、スマートな007とはかけ離れた姿をしている。探って行くとイッサは父親の残した遺産を引き出して誰かに渡そうとしていることが分かる。イッサを支援する組織に女性弁護士を近づけ、建設中のアパートに彼を匿う。バッハマンは「資金」がどこに流れるのか知りたいのだ。銀行家を巻き込み、「善意の寄付を求めている」団体のリストを作成し、支援組織の影のリーダーに送金させようと試みる。
▼パスポートを持たないイッサを助け、イスラム実業家を逮捕し、すべてうまくいったかに見えたのだが、したたかなCIAの支局の妨害が入る。シャンテシネにて、上映中。

|

« 31日から2日までの行動紹介。 | Main | 九電抗議、担当の3日間を無事に終了。 »