« ◇「フタバから遠く離れて第2部」を見る。 | Main | 突然の「国会解散」の裏側にあるもの。 »

November 18, 2014

関電前で「右からの脱原発を考えるネットワーク」の人達に会う。

▼寒くなってくると路上の抗議活動は辛くなる。昨日は九州電力東京支社前の責任者を引き受けていた。経産省テント広場から、トラメガや幟旗(のぼりばた)を有楽町駅前まで運ぶ。友人たち2人が待っていてくれたので、荷物を担いで日比谷公園を斜めに突っ切る。交番の前をトラメガを持って通ると警察官による嫌がらせの「誰何」があるので、交番の前は通らないようにする。徒歩15分で駅前到着。ツイキャスは、金曜日も担当して下さったNさんにお願いしてある。
▼わたしは前日に見た「フタバを遠く離れて第2部」の井戸川さんのお話しをする。初参加の方もいらして、わたしに「あなたが魔法瓶レオンさんですか?火焔瓶テツさんが名前を替えたのかと思いました」と言われる「事情があって9月末からこのニックネームを使用しています」とお答えする。ツイッターをご覧になって参加してくださったとの事で、とても嬉しい。参加者はまずまずの数だった。先週終わりの時間を大幅に伸ばして叱られたので、15分前から「分単位」きちんと時間管理をしたのでピタリ7時に終了させる事が出来た。
▼通常はここでお別れする。しかし関電前、中部電力前の抗議に参加する人が余りにも少なそうだったので、そちらにトラメガ一式を持って、交番の前を通らないように道の端を大回りして迂回する。
▼関電前で抗議をしていると、「右からの脱原発を考えるネットワーク」の皆さんが日の丸を先頭に、電力会社の抗議デモをして行った。とても礼儀正しく、私たちにエールを送って下さったので応答する。口先だけで何も動こうとしないサヨクよりよほど良い事をしていらっしゃる。

|

« ◇「フタバから遠く離れて第2部」を見る。 | Main | 突然の「国会解散」の裏側にあるもの。 »