« ◇「白夜のタンゴ」を見る。 | Main | マレーシア航空機撃墜事件の真相。 »

November 25, 2014

振替休日も九電東京支社前抗議をする。

▼昨日は眠い目をこすりながら、午前6時から頼まれていた原稿を3本書いた。本当は今朝でも良かったのだが、「25日朝イチで来てくれ」という仕事の電話が入った。何せ1ヶ月も前に取材した事なので、記憶が定かではない。それに1面トップの記事の筈だったが、情勢の変化で文字数は半分になって、視点も変えなければならなかった。2500字から1200字に変更。あらかじめ書いておかなくて良かった。
▼3本すべてを書き終わったのは午後1時頃だった。休むまもなく、九州電力東京支社の抗議に出かける。ただ参加するのと違って、準備する時間が必要である。日比谷公園を横切って、経産省脇「テント広場」に挨拶してトラメガを担いで有楽町駅前まで持ってくる。終わったらまたその逆をして返却に行く。ネット中継をしてくれる人を事前に探して機材一式を持って来て、中継してもらう。
▼参加してもらうために、あらゆる機会をとらえて「24日は私が主催しますので、是非来て下さい」と訴えて握手をする。まるで候補者のようだ。昨日は一一月始めの連休に来て下さった方が見えた。お母さんの介護をしている最中だったが、病院に行っている最中を抜け出して自転車で駆けつけて下さった。また3年前からのつきあいであるWさんも「9条の会の集会もあった。しかしわたしの顔を思い出して、枯れ木も山の賑わいになれば」と駆けつけて下さった。しかし、来ない人は何を言っても来ないし、ネット中継も見て下さらない。疲労困憊して午後7時半頃帰宅する。

|

« ◇「白夜のタンゴ」を見る。 | Main | マレーシア航空機撃墜事件の真相。 »