« コタツに当たりながら「報告書」作成か? | Main | 「冬将軍」の到来とともに… »

December 03, 2014

寂しい選挙事務所の前を通りかかる。

▼図書館に本とDVDを返却に行ったら「1日から5日まで館内整理のためお休み」とあった。メルマガの締め切りを控えているのに手持ちのン未読本は4冊。まあ何とかなるだろう。帰り道「NHK基礎英語3」12月号を買わねばならなかった。駅ビルは遠すぎるのでソラマチタウンの2FにあるK国屋書店に立ち寄る。その手前にMみどり事務所の前を通る。新聞記者が3名ほどと、法被を着た講演会の責任者らしき人物が1人いただけだった。もしいたらツーショットでも撮ってこようかと思ったがそうはならなかった。M氏も地元に強力な支持母体があるわけではないので、苦戦を強いられるだろう。
▼夜はテントに返却すべきものがあったので、その後に九電前に出かける。月曜日はバッグにポンチョから傘などを入れていたのでかなり重かった。それに右半身がいやに重くて、疲労が激しかった。医者にいくべきかどうか考えたら、木曜日に路上で転倒した時の後遺症だと気づいた。
▼小規模な抗議集会でなくても主催者でないというのは気分的にかなり楽である。いわば事故や警察の干渉から参加者を守らなければならない。マイクが全員に回るよう発言の順番にも配慮する。さらに次回も気分良く参加してもらえるよう笑顔で話しかけて握手をして回る。さらにツイキャスをして下さる方との交渉と機材の手配。テツさんと「一種のサービス業だね」と顔を見合わせて笑った。

|

« コタツに当たりながら「報告書」作成か? | Main | 「冬将軍」の到来とともに… »