« iPhone5S格闘記(2) | Main | 3日間途切れることなく、抗議行動に参加する。 »

January 23, 2015

◇「iPhone5S奮闘記3」。人質を救え!

▼Wifiモデムの交換は15分程度で終わった。その後の会議に影響はなく、遅刻しないで出席する。おりからの辺野古では座り込みの人を海保が弾圧して、22日は市ヶ谷の防衛省前では夜間の抗議集会が開かれている。また「人質問題」これを知って暢気に飲んではいられない。湯川氏は民間軍事会社を作っているのだから、お友達の田母ちゃんに助けて貰えば良い。しかし後藤さんは大学の後輩でジャーナリストでもある。政府もイスラム国がいうように「2億ドルの援助止める」と言えば問題は解決するはずだ。ところがNHKを聞いていると「援助の中身はあくまでも人道援助だ」とうそぶいている。それで残された時間は少ないので今朝「イスラム周辺国への援助は止めて人質を助けるように」、というネット署名をした。サイトを指示しても「分からない」と署名してくれない人が多いので、あえてリンクは作らない。それに日本政府が身代金の支払いを渋ったり、交渉に失敗し手遅れになったとき彼らの斬首場面の動画を見たくもない。
◇「iPhone5S奮闘記3」5Sには指紋認証がある、最初設定するときには5~6回同じ操作を繰り返さなければならない。かつてブログに書いたが、指紋認証の銀行カードの登録方法と同じだ。最初失敗したのだが、右利きの人は右手親指を登録すべきだ。そうすると5Sを握ったまま「こすれば(スライド)」よい。わたしは最初間違えて、銀行カードと同じ右手人差し指を登録してしまった。これだと左手でiPhoneを握って右手でスライドさえるという二度手間になってしまう。
▼2GのSIMカードを入れて、店内のWIFIに接続することを確認して帰宅する。通常はドコモの通信回線LTEか、辺鄙なところでは電話だけの3G回線が使われる。自宅には幸い、ケーブルTVの会社のWIFIが設置されている。今まではノートPCだけで、時たま使っていたが、かなり遅かった。そのパスワードをいくら入力しても受け付けない。暗証番号はWIFI本体にシールが貼ってある。それを2日くらいやってもダメなので、ケーブルTV会社の相談室に電話した。するろその会社は「本人了承の上」でわたしのPCに入って来て遠隔操作で、暗証番号を調べてくれる。これはあら不思議というか。かなり薄気味悪い。高橋源一郎氏の著書の中には「中の人」という会社とPC保守契約をしていと記述がある。まさにそれと同じだ。

|

« iPhone5S格闘記(2) | Main | 3日間途切れることなく、抗議行動に参加する。 »