« 今年初の再稼働阻止ネットワークの抗議活動に参加する。 | Main | 猫の健康診断に行く。 »

January 09, 2015

2014年「ドキュメント72」のベスト作品。

Hosokaikan
(霞ヶ関、法曹会館夜景)
▼昨年末クリスマスを過ぎてから家族の部屋の本の片づけが終わり、読み終わったかなりの量が本が出された。わたしは通常であれば図書館の「除籍本」のコーナーにそっと置いてくる。あまりの分量の多さに呆れて、わたしのベッドの下に押し込んでおいた。図書館へと思ったが海外旅行をするときに持参する大型バッグにようやく収まる分量になった。とても図書館まで持ち込める量ではない。しかたなく最寄りのJR駅の近くにあるブックオフに持ち込んだ。文庫本ならば二束三文で買い叩かれる。いわゆる普通の書籍や辞書もあったので3千円くらいにはなるかなと思った・しかし1123円にしかならなかった。ま、それでも部屋の中がすっきりして良い気分で原稿を書くことができる。
▼NHKで金曜日午後11時ころから「ドキュメント72」という番組が放送されている。毎週金曜行動があるので、ともすると見逃してしまうことがあるので、大体録画して見ている。昨年末に1年間に放送されたベスト9が放送された。わたしが面白かったのは鶯谷の24時間営業をしている居酒屋さんだった。気取ったところのない店にはアパレルで仕入れをしている身なりのきちんとした紳士から、風俗で働く女性。それらの人を手配する女性など、それに現場監督をする男たちが入れ替わり立ち替わり出入りする。要するにカメラマンの粘りによって出入りする人達の人生模様が見えて来る。
▼それでベスト1は鴨川市の「巨大病院の中にあるコンビニ」編だった。中でも婦人科の医師になりたての32歳の女性は、就任したころを思い出して赤ちゃんに苦痛を与えてしまたのでは、と悔やんで涙を見せる。でも病院のなかで唯一感謝される部署であるとも言う。そして一日に数回立ち寄って栄養ドリンクを数本立ち飲みしてゆく。撮影当時は、「結婚相手を探している」と言っていたが、再放送の追加として「相手が見つかった」という字幕が入った。それにしても緊急救命医は、自身が過労死してしまのではという働きぶりだった。椅子を並べて仮眠し、脇に緊急連絡用のPHS、そしてインスタント麺かコンビニ弁当だけなのだ。この病院には労組はないのだろうかと思ってしまった。

|

« 今年初の再稼働阻止ネットワークの抗議活動に参加する。 | Main | 猫の健康診断に行く。 »