« シリア駐日代理大使のお話しを聞く。 | Main | 10日外務省前でジャーナリストの取材制限に抗議する。 »

February 10, 2015

居間の電球が壊れてしまって。

▼土曜日仕事が終わって帰宅する途中、電車の中でメールチェックをすると「居間の電球が切れてしまったので、買ってくるように」という連絡が入っていた。機種については電源部の写真が添付されていた。それを持って家電量販店に行くと、女性店員さんが、自分のスマホを取り出して「機種番号」を入力して調べ始めた。おお最近の商品管理はこうなっているのだ。しばらくして、店員さんは「電気器具の本体か、電球か?」と聞かれたので、腕で「電球」を輪を作って示す。3連式の電球を約4千円で購入して帰宅する。
▼本当に居間はまっくらだった。調べてみると電球が切れた、というレベルではない。夕食も出来ないので、家の中にある蝋燭を全部出して点灯した。クリスマスでもこんなに点灯する事はない。自分の手には負えないので、電気に詳しい友人に電話すると「故障は電源部分だろう。日曜日の午後行ってみよう」と言ってくれた。日曜日の午後4時友人は来てくれた。しらべるとインバーターが焼けていることが分かった。もう電気機具を買い換えるしかない。
▼幸い近くの大型スーパーマーケットには、何でも揃っている。もうインバーター方式はこりごりだ。LEDの3連式にして価格は8千円代.明るい電球の下で夕食を食べることができたのは言うまでもない。友人の話によれば居間までの2割くらいいの消費電力で済むはずだという。
▼本日外務省のシリア行きジャーナリストの旅券回収事件の抗議。明日は九州電力東京支社への抗議と続く。しかし東京都内も寒い.午前5時にベランダに洗濯して干したTシャツが7時にはカチカチに凍っていた。

|

« シリア駐日代理大使のお話しを聞く。 | Main | 10日外務省前でジャーナリストの取材制限に抗議する。 »