« ◇「パプーシャの黒い瞳」を見る。 | Main | チェルノブイリ事故から29年目に考える。 »

April 23, 2015

見知らぬ人から励まされる。

423kyuden1
(4月23日有楽町、九電前で雨に降られて抗議をする。トラメガを担ぐのは筆者)
▼昨日もまさか雨が降るとは思わなかったが、念のため傘を持って抗議に出かけた。テント→日比谷公園→有楽町駅前、に到着したら降り出した。NHKに出演している気象予報士のIさんに「抗議電話」でもしようとしたら、今朝の放送で謝っていた。
▼日比谷に向かう地下鉄の中で一本のメールが届いた。メルマガをお読みの皆さんには最近号の編集後記で「お願い」を書いた。*メルマガはツイッターで繋がっている方には無条件でお送りします。HPの申し込みフォームでお願いします。お願いは東電千葉の敷地に放射線物質が保管(埋められる)という。千葉在住の皆さんは抗議に立ち上がって頂きたいと言う内容だった。メールを下さった方はメルマガは読める環境にない。年賀状の交換くらいだが、わたしが反原発運動を熱心にやっていることはご承知である。「もう黙っていられない。東電千葉の抗議行動があったら、参加したいので、日程を教えて下さい」という内容だった。
▼昨日は鹿児島地裁で再稼働禁止差し止め裁判は「禁止」の仮処分が認められなかった。これが裁判官なのかと聴く耳を疑った。九電前で抗議をしていたらある青年がわたしのツイッターアカウントで話しかけて下さった。今年20歳の青年で相互フォローの関係だという。3年前に何かしなければと思った。2週間前の関電前の抗議に初めて参加して会社側の人間の顔を初めて見て、「これが原発を動かす側の人の顔なのか?」と驚愕したと仰っていた。この方とは20分くらい「今後どうやって運動を拡げたらよいか」という様な話をした。
▼4年前の同じ時期は20万人の人が国会を包囲した。わたしはその輪に加わって感激し、毎週参加するようになった。だからこのお二人のような方に声を掛けていただくととても嬉しい。原発を巡る状況はそのときよりかなり悪化している。「ドローンからセシウムなど放射性物質が検出」と○カTVやバ○新聞は報道しているが、そんなレベルの放射性物質は日常生活に溢れている。だから皆さんいま立ち上がらないと、本当にあとで取り返しのつかない事になります。電力会社、原子力規制委員会に直接電話するか、ファクスを送って下さい。メールは読まずに捨てられます。どうか抗議活動に参加するか、直接声を届けて下さい。
▼わたしがスピーチするには本はたくさん読み、一日200ページか一冊で理論武装する。あとは貴重な情報を教えてくれる友人がいる。その友人asukaさんはいまはシンガポールに住んでいらっしゃる。3ヶ月ほど前に知りあいになって、専門家の立場から色々データを提供して下さるので、とてもありがたい。先日もシンガポールから学会でアメリカに移動する1万メートル上空の国際線の中からツイキャスをご覧になって応援して下さった。asukaさんの名前を出すことはご本人の許可を得ています。
▼声を出さない(出そうとしない)皆さん。いまこそ声を上げて下さい。日本中で安全なところなど何処にもありません。「しらない」ではすみません。(政府は隠して知らせない)だけなのです。
▼ドローンを使った世論操作も書きたいが紙数も執筆の時間もないので、明日にご期待下さい。今朝のツイッターには書きましたが、すでに20人くらいの方にリツイートして頂いています。
▼以下は経産省前で反原連の抗議行動の様子です。「雨や風で中止しないで決行して下さい」とメールを送ったら「決行」してくれた。

|

« ◇「パプーシャの黒い瞳」を見る。 | Main | チェルノブイリ事故から29年目に考える。 »