« 徴兵制がある国の男は保守的になるらしい。 | Main | ◇「戦場ぬ止み」(いくさばぬ、とぅどぅみ)」を見る。 »

May 26, 2015

◇「サンドラの週末 」を見る。

▼千葉の東電敷地が放射能汚染置き場になります。千葉に住んでいる友人にお話ししても、興味を持っていただけけません。これが出来たらもう逃げられません。窓を閉めて家の中にいても、貴方と家族は確実に被爆します。26日午後6時半から蘇我勤労市民プラザの学習会に参加しましょう。 そして行動しましょう。
◇「サンドラの週末」携帯の着信音がなっているのに、中々目覚めないサンドラ。どうせイヤな話に決まっている。実はサントラは会社から指名解雇されようとしている。それは会社の業績が悪いので、鬱のサンドラを指名解雇するか、16人の社員に一人1000ユーロのボーナスを出すか会社側から提案があったのだ。第一次の職員の全員投票では下級職制の介入があったので、サンドラの解雇が決まってしまった。だが夫と数人の仲間たちは、職制不正加入があったので、もう一度無記名で再度全員投票するよう、社長に直接交渉する。
▼でかける社長の車を停めて交渉すると、「一回だけなら」と許可がでる。見ているとこの会社には労働組合がないようだ。サンドラは家に帰って夫と相談する。すると「社員の住所「を探して訪問し、解雇反対に投票するよう頼むべきだという結論に達する。夫とは何かの理由で別居しているが、社員の住所が分かれば僕が送っていくよ」と助け船を出してくれる。そしてわずかな手がかりで。一人娘もPCを駆使して電話番号や住所探しを手伝う。
▼自分に一票を入れてくれなんて図々しいことは言えない。気が重い、いやな理由はたくさんあるが意を決して訪問する。実は失業したばかり。娘が大学に行くので毎月部屋代600ユーロ、授業料500ユーロが必要。家のリニューアルでペンキを買わなければならない。こういう理由を聞くとくじけそうになる。この暑いのに行くだけで疲れる。どうせ断られるに違いない。一日一錠だけ飲めば良い薬も、訪問するたび一錠飲まないと気分が落ち着かない。あるとき挫折して、鬱の薬を瓶ごと飲んでしまう。
▼アフリカ系の職員を訪ねると僕は月までの契約社員で「ハンダ付けのミスを上司から指摘されると、契約解除になるら等、君に一票入れる」と言ってくれる。そして夫の暴力から逃げるため、サンドラと行動を共にする女性社員もいる。そして月曜日、会社で投票と開票が待っている。
▼とかく他人とお金の関係だけで繋がっている現代社会。それよりも人間の絆が大切であることを教えてくれる。サンドラの決然とした後ろ姿は、まぶしくもある。(ヒューマントラスト有楽町)初日初回に行ったらフランス製のクッキーを頂きました。家族に評判でした。

|

« 徴兵制がある国の男は保守的になるらしい。 | Main | ◇「戦場ぬ止み」(いくさばぬ、とぅどぅみ)」を見る。 »