« 「首相官邸の前で」初号試写会に参加する。 | Main | 今晩8時からA君の釈放を要求する行動。 »

May 17, 2015

▼午後からM市駅前の喫茶店で勉強会

Img_1473
(地震を伝えるネパールの新聞5月13日号)
▼午後からM市駅前の喫茶店で二ヶ月にいちどの勉強会が開かれた。この日は半年間仕事でネパールに滞在した人の話しだった。おりからネパール地震からあまり時間がたっていないので、興味深い話しが多かった。複雑なカースト制度、カーストによって仕事が選べないなど。国家財政は亜エベレストの入山料が一人100ドルと大きなウェイトを占めている。それを仏陀の生まれた場所の観光。
▼だから国民一人当たりのGDPが702米ドル(約8万円)。ネパール人はみな「ダージリンはネパールの領土だ」と言っている。これはいって見れば納得できる。民族は60以上あり、従って言語も同じくらいある。そのため全国放送というのはない。普及しているのはFM放送だけであり、先の地震でも放送施設の復旧に日本の技術が求められている。
▼輸出のメインは紅茶であり、ダージリンとまったく同質のモノが栽培されているので、インド経由で「インド産」として高く売買されている。とにかく電源がないので計画停電は雨期で一日2~4時間、乾期で一日6時間~12時間もある。(以上思考するためのメモ)


Duke(iPhone)

|

« 「首相官邸の前で」初号試写会に参加する。 | Main | 今晩8時からA君の釈放を要求する行動。 »