« NHK「沖縄戦全記録」を見る(補足説明(3) | Main | NNNN「ガマフヤー 遺骨を家族に 沖縄戦を掘る」をみる。 »

June 22, 2015

「マーガリン」は元々代用食だった。

▼土曜日は午後から国会包囲女性デモがあった。行くかどうか迷っていたら金曜日の夜、国会周辺で5人くらいの女性から「よかったら来ない?」と声を掛けられた。ご存じの様にこの一ヶ月くらい金曜日の夜は必ず雨が降って寒い。Tシャツを2枚重ねにしていったが、それでも寒い。雨が降ったら,行くのを止めようと思っていたが,快晴で暑かった。余力があったらデモの前に映画を1本見ようと思ったが、その元気は残っていなかった。
▼先日マーガリンが全面的に禁止になるという報道があった。マーガリンに含まれている、「トランス脂肪酸」が血液を凝固させる役割を持っているというのだ。わたしは高校生の頃学校の「購買部」で売っている「アンバタ」というパンが好きだった。コッペパンの片面にバターならぬ,マーガリンがたっぷり塗ってあり、片面が餡だった。今でも一部のパン屋さんでは同様のパンを売っている。ホンモノのバターかマーガリンかは、食べてみないと分からない。おおよその判断の基準としては安価なものはマーガリンと言って間違いない。
▼そういえば2年前に亡くなった飼い猫のピーちゃんもマーガリンが好きだった。個体の大きさにはふさわしくない量のマーガリンを大量になめていた。
▼元々マーガリンはアメリカで戦争中物資が不足してしまったので「代用食」として開発された経緯がある。コーヒーのアメリカンも同様で、コーヒー豆が不足してしまったので、薄めて飲む習慣を作った。事々左様にアメリカ発の食料開発には何らかの裏があるのだ。あのコカコーラも朝鮮戦争の時、兵士の性的興奮を抑える目的で開発されたという。日本だけで発売されている「ストロング」を喜んで飲んでいる時ではない。

|

« NHK「沖縄戦全記録」を見る(補足説明(3) | Main | NNNN「ガマフヤー 遺骨を家族に 沖縄戦を掘る」をみる。 »