« ◇「エレファント・ソング」を見る。 | Main | NHK「沖縄戦全記録」を見る(補足説明) »

June 17, 2015

NHK「沖縄戦全記録」を見る(1)

▼みなさん夕べ午前0時からの放送をご覧になりましたか?「ネットにアップされてから見る」と仰っていた方もいらっしゃいましたが、それらは違法にアップされたもので、著作権法侵害で即座に削除されます。オンデマンドかご自分で録画してご覧になる様にお勧めします。
▼当時沖縄を守る事になっていたのは日本の第32軍でした。この軍隊の任務は本土への上陸作戦をできるだけ引き延ばす事にありました。しかし軍の一部は台湾防衛にも回されたのです。そこで考えられたのは「防衛召集法」という手前勝手な法律で、14歳以上の男子をすべて軍隊に組み込んで戦わせる、というものでした。戦前の教育とは「天皇のために進んで命を捧げる」ことが「靖国に祀られる近道である、という物でした。
▼ですからイスラム過激派のジハードを笑うのは間違っています。まさに「死後の安定したくらし」を夢見て戦いに邁進したのです。
▼テレビを見ていると、アメリカ映画「地上最大の作戦」や「プライベートライアン」を見ているようにカラーで、上陸作戦があまることなく描かれています。上陸用舟艇に乗っている兵士は映画と違って緊張しています。アメリカは上陸する前に艦砲射撃で、沖縄の土地を網の目のように打ち砕きます。米軍は54万人の兵士を上陸作戦に送り込みます。対する日本軍兵士は10万人。第32軍は持久戦で本土に米軍がくるのを出来るだけ遅らせろ。
▼武器のない住民はガマに籠もって,一人一殺の機会を狙います。ガマの中にいる軍人は音を立てるな、投降するな、赤ん坊は泣くと米軍から狙われるから殺せというものです。多くの母親は命令に従い、赤ちゃんの口におしめを詰めて窒息させます。また軍人は20人程度の親戚家族を寄せ集め自殺を強要します。その方法とはみんなを一ヶ所に固め、自分はその中心で手榴弾の信管を抜いて爆発させるのです。ある人は27人の親戚が集めさせられ、気がついいたら4人しか残っていなかったと語ります。
▼少女たちの話では「切り込み隊に応募したが、天皇のために死ぬのは嬉しい」と思ったと語ります。首里が当時の沖縄の首都でした。アメリカ軍はその北に上陸します。上陸地点よりも、小さな伊江島が戦死者が多かったのです。それというのも、島にあった飛行場をアメリカ軍は狙っており、これを使って本土爆撃をしようとしていたからです。

|

« ◇「エレファント・ソング」を見る。 | Main | NHK「沖縄戦全記録」を見る(補足説明) »