« 今村恒夫の「工場のあいつ」を暗誦する人。 | Main | 古銭の驚くべき価格とは「目方」だった。 »

June 03, 2015

自宅PC接続のトラブルを解決するまで…。

Koujono
(映画「戦争と人間」第一部2時間30分あたりで、「工場のあいつ」を口ずさむ伊藤孝雄。左翼だったが特高に検挙された後に召集され戦場で死ぬ)
▼ちょうど1週間前に,ケーブルTV会社が「速度調査」をするとやってた。調査は測定器をケーブルに刺して図るだけの簡単な作業だ。今まで画像はスムーズに動いていたし、ネットも問題なくせつぞくしていた。それだけでわざわざやってくる筈はないと思っていた。調査が終わると、「新しいモデムに無料交換させていただく。これを使えばWIFI機器も一体型になっており、インターネットも閲覧できる、といい事ばかり並べ立てる。さらに最大のウリは、チューナーとUSBのHDDがダイレクトに接続できることだ。
▼今までのチューナーはそれができなかったので、チューナーで番組を選択してからDVD(HDD内蔵)のタイマーを合わせるという二重の設定が必要だった。これはかなり面倒で、タイマーを忘れると、自宅にいる家族に教える事ができなかった。今度はそれは解決した。
▼機器を交換した日の夜、近くの家電量販店に行って、一番安かった5ポートのハブを買って取り付けた。しかし自分のPCはネット接続出来たので問題ないと思っていたが、後日家庭内LANをやっている家族が「接続できない」という苦情がでた。それは日曜日の夜の事だった。PCの故障やトラブル解決は、頭のすっきりしている午前中でないと堂々巡りで解決できない。
Kinyobi529
(「週刊金曜日」5月29日号表紙,5月14日首相官邸前、中央左端に浦邊力さんが写っている)
▼それで家族からは再三催促されて、重い腰を上げケーブルTVのサービスセンターに電話したのが2日午前午前9時30分頃。親切な女性担当者だったが30分の電話の聞き取り調査で、「ハブ」の辺がが悪いかというところまで絞り込むことが出来た。「これ以上の対応は係員が訪問して解決することになりますが有料です」と言われる。電話を切ってからもう一度マニュアルと首っ引きで「ハブ」の接続を調べて行ったらミスを発見出来た。全部で1時間少々。ものすごい急ぎの仕事も抱えていただ、どうやらそれも午後10時近くには終わった。疲労困憊でアルコールを口にする元気もなかった。

|

« 今村恒夫の「工場のあいつ」を暗誦する人。 | Main | 古銭の驚くべき価格とは「目方」だった。 »