« 6月8日、東京地裁429警備法廷(2) | Main | ◇「靴職人と魔法のミシン」を見る。 »

June 10, 2015

●「新・戦争のつくりかた 」のご紹介

Newwor
(お勧めの一冊)
▼お早うございます。2日間に渡ってご紹介した「6月8日、東京地裁429警備法廷(1)と(2)は皆様のリツイートによって今朝までに約500人の方々にご覧いただく事が出来ました。この弾圧事件の概要と検察が主張する矛盾を知っていただければ幸いです。
▼みなさん「新・戦争のつくりかた 」という本をお読みになった事がありますか?池田香代子さんなど「りぼん・ぷろじぇくと」という組織が昨年作った本です。昨年9月に池田さんにお目に掛かったとき、「こういう本を作っている」というお話しをお聞きしました。半分は絵本になっていますが、後半はいわゆる戦争法案に関連する法律の解説となっています。実は国会で戦争法案が通る前に「機雷除去」「武力攻撃事態対処法」「国民保護法」など既にできあがっているのです。「国民保護法」では(発見者の通報義務等)という項目があり、「武力攻撃災害の兆候を発見した者は,遅滞なくその旨を市町村長または消防吏員、警察官若しくは海上保安官(略)に通報しなければならない。とあります。「自分は関係ない」、「自分は大丈夫だ」、「戦争などになるはずがない」などと思っていらっしゃる方は、今すぐAmazonなどでいますぐお買い求め下さい、1冊1000円です。そして少なくとも木曜日の夜は議員会館前までお運び下さい。

|

« 6月8日、東京地裁429警備法廷(2) | Main | ◇「靴職人と魔法のミシン」を見る。 »