« 高橋源一郎お勧めの戦争を考える3冊。 | Main | 「不平等」は良くないぞ。 »

July 18, 2015

『首相官邸の前で』が来月アップリンクで公開されます。

▼今週は連日午後11時近くまで国会周辺に留まって抗議活動をしていた。いや311事故が起きるまで、わたしは遅くても9時には帰宅していた。忘れないうちに連絡事項を一つ。私が撮影した動画を使っていただいた反原連の記録映画「首相官邸の前で」(小熊英二監督作品)は9月からアップリンクシアターで一般公開されることがきまりました。曜日は限定されていますので、詳細が決まり次第、こちらのブログでご案内します。わたしは来週木曜日、素材提供者向け、最終プリント午後2度目の試写会に行って来ます。
▼昨日は国会に近づくこと自体に規制がかかっており、信号のたびに警察官から「誰何」された。「抗議に行くのではありませんね」と念を押されるので「友人に会います」と正直に答える。テツさんも友人だ。もう一人待ち合わせている若い女性も「友人」の「友人」である。だから嘘はいっていない。
▼集合時間になっても主催者が見えないので携帯メールで確認すると「7時から」と返事がくる。不思議なことに外国にいる友人からテツさんの現在位置情報が入る。
▼そうこうしている間に準備スタッフが集まってくる。昨日会ったばかりのアツシ君も来てくれた。わたしはビデオカメラを邪魔にならない位置にセットして置く。バッテリーは外付けのを工夫して取り付けてある。これだと連続して4~5時間撮影できる。この日もそうしていたが、突風でスピーカースタンドが突然倒れてしまった。気づかなかったが,このときコネクターが外れてしまった。その後ずっとスタンドが倒れないように最後まで持ち続ける。台風の余波はあるし議員会館の方向にラッパを向けておくためにはこうする事が一番の方法だった。
▼撤収しているとまったく知らない女性が「LEONさんですか?」と声をかけて下さった。普段はツイキャスでご覧になってくださっていると仰る。「経産省テント」に行きたいというので、撤収のメンバーを紹介して、ツイッターをフォローして別れる。自分がご案内すれば良かったのだが、この参議院会館前からだと地下鉄半蔵門線の乗ると一番早く帰宅することができる。と言っても午前零時だった。

|

« 高橋源一郎お勧めの戦争を考える3冊。 | Main | 「不平等」は良くないぞ。 »