« 「集中する」には下界と切断する。 | Main | 「いまここにある、危機」を考える。 »

July 23, 2015

「10万年問題」も知らず、不勉強な原子力規制委員会の人達。

722kyudena
(九電前で抗議する筆者。keitarouチャンネルより)
▼午前10時に原子力規制委員会に到着。第20回会議を傍聴することが目的だったが、その前に友人と相談したいことがあった。会議は川内原発の事故時の連絡体制、新しい全国のオフサイトセンターの設置。それと廃炉に関わる技術的な,放射線廃棄物の置き場。など5つの議題があった。1)で言えば「事故が起きる」ことを前提に川内原発の再稼働を決めるわけだから、極めて無責任である。遅い昼飯を食べてNHKBSニュース(全国のニュースを午後1時から北海道から沖縄まで順番に紹介する)。ちょうと1時50分ころだったが、鹿児島湾で泳ぐ中学生の姿が写った。
Ckgde8suyaan3tasmall
(九電前で抗議するみなさん。スピーチは斉藤さん)
▼何やら大正時代から続いている行事だという。しかし桜島は大正時代に大爆発を起こして小学生が70人くらい亡くなっているのだから、ホントかなと思う。しかし川内原発が事故を起こしたら海水浴や遠泳どころの話ではなくなってしまう。オフサイトセンターの設置は、これから再稼働させようとする場所がすべて網羅されてる。しかしバックアップの場所には通信手段も、休憩のベッドもない。付け焼き刃。しかも石渡委員がある場所の「要員の人達の交通手段は大丈夫か?」と聞いたのに対して、「脇を道路が走っています」と答える。地震が来たら道路は陥没するよ。
▼放射線廃棄物はもっとお粗末で「放射能が10万年、10万年」というだけで,これはあくまでも半減期の期間であることすら理解していない。この人たちは鎌仲ひとみ監督の「ミツバチのささやきと、地球の回転」すら見ていない。役目柄だ。なんとかDVDを見つけて学習しろよ。と叫びたくなってしまった。
Ckfl_isusaahul7small
(第20回原子力規制委員会の様子)
▼夕方からは九電東京支社抗議があった。暑くて頭が朦朧したせいか。乗り過ごしてしまい。10分ほど遅刻した。ビデオカメラを路上にセットして立ち上がろうとした瞬間、かなり強い目眩を感じた。それはスピーチでもしゃべった。抗議は7時に終わって、みなさんは文科省抗議に出かけたが、わたしは疲れ切ったので帰宅する。途中仕事に使うためのカセット・レコーダーを買うために家電量販店に立ち寄る。しかし今や国内産の小型レコーダーは生産していない。自宅に持って帰ったが仕事にはまったく使えないので、本日の総行動の前に返品に行くことにする。
▼仕事は服装して本日の試写会は欠席のDMを担当者に入れる。そうこうしていると、長期入院していた叔母の訃報が届いた。25日朝8時出棺というので、明日従兄弟lの家に泊めてもらうことを頼んだ。

|

« 「集中する」には下界と切断する。 | Main | 「いまここにある、危機」を考える。 »