« 医療費抑制とオプスレイ購入価格 | Main | ◇「わたしに会うまでの1600キロ 」を見る »

September 12, 2015

九電川内原発1号機フル稼働でも「抗議」がないのは何故だ。

Congt_eucaahcgkyudensmall
(11日九電前の抗議)
▼金曜日、某一部上場企業の社内見学会があった。近隣住民に対するサービスの一環として3年に一度くらい行われている。わたしが参加するのは3回目くらいになる。内容はブログやツイッターには一切書くことができない。昔の例では、ある洗髪シャンプーを発売したら、そのCMに登場した中国の人気若手俳優だったので、ドレスはどこのメーカーか?と言う問い合わせが、シャンプー名よりも多かったという。今回見せていただいてシステムは、顧客の質問はすべてデータベース化して、翌日にはすべての研究開発部門が閲覧できるようになっていた。つまり「クレーム」は新商品開発の宝になるという思想だ。会って個別にお話しはできるが、以下の面白い話は省略する。
Convupyuwaagcenesmall
(資源エネ庁前で抗議する火焔瓶テツさん)
▼夕方5時には有楽町九州電力の前に到着する。時間が早いせいもあるが、到着した時は火焔瓶テツさんとたった二人であった。なぜこの11日に九電前に来たか?川内一号炉は営業フル回転になった。さらに2号炉に燃料が運び込まれた。この記念すべき、忌まわしい日に何もしなくて良いのか?よいはずはない。誰も抗議しないから、できる人がやるまでだ。しかし皆さん危機感をもたないのかな?この調子では日本中の原発が一気に再稼働されてしまうぞ。今朝の東京の地震は怖くなかったか?河川の氾濫で栃木、茨城は報道されても、福島のフレコンバッグが流され、汚染が再び広がっていることは何故報道されないのだ?
▼出かけるので終わり。明日の日曜日も午後から取材。

|

« 医療費抑制とオプスレイ購入価格 | Main | ◇「わたしに会うまでの1600キロ 」を見る »