« 9月18日に日本の民主主義は死んだのか? | Main | ◇「NORIN10~稲垣権次郎物語」を見る。 »

September 20, 2015

918は発展途上国のクーデターと同じ手口だった。

Chili_gazo007
(反革命分子ピノチェトによって砲撃されるアジェンデ大統領府のあったネバダ宮殿)
▼みなさま連休如何お過ごしであろう。わたしは足腰の痛みを緩和するため、夕方駅ビルまで行っただけだ。持ち物の故障が相次いでいる。3,4年前に「世界中何処を旅行しても、時間あわせが必要ない」という触れ込みの腕時計を買ったが、国内ですら時間が合わなくなってしまった。マニュアルを見て操作しているが微妙な調整が出来ず、30分ほど狂ったままだ。修理できるか?電池の交換で済むか持ち込んで調べて貰わなければならない。sかし時計の説明書は文字が小さい。色校正のルーペを使って見ないと読めない。いや腕時計はそのほか2個とiPhoneがあるから別になくても困らないが、メーカーの言い分と違うので、しゃくに障るだけだ。
▼昨晩は疲れ切っていたので、家族がそれぞれ別の場所に旅行していることもあり、9時半頃には熟睡してしまった。NHKBSで19日午後1時半から「風雲!大歴史実験戦国鉄砲隊VS機場軍団・信長・軍事革命の秘密、最先端兵器火縄銃の真実」を録画して見た。本当に信長の3段撃ちができたのか検証したが、かなり面白かった。ランチェスターの法則と、ウィンチェスターよりも300年も早く、信長は鉄砲の分業化をしていたこと。ノエル・ペリンの著書「鉄砲を捨てた日本人」のことなどだ。本はテレビを見ながら図書館を検索したが見つからなかった。
▼とにかく連休中に映画を2本見なければならない。きょうはメルマガの準備があるので、映画館は明日にしよう。
▼さて、安保法制の国会でのことだ。参議院では強行すると時間が足りなくなると判断した安倍は、急遽60日ルールに作戦を切り替えた。それに参院の委員会決議が「聴取不能」の議事録でではどうしようもない。わたしはこの自公の「突破作戦」を見て、南米か東南アジアの発展途上国のクーデターを思い出した。つまり「「クーデター」をする側は戦車で国会を包囲する。日本の場合は機動隊の装甲車で国会を包囲してデモ隊を近づけさせなかった。さらに戦車で放送局を占拠で自分たちの放送だけする。これはすでに安倍の言いなりに動く籾井が占領している。
Img_2470
(18日深夜第二議員会館前の抗議は続く)
▼つまり形は違うが明らかなクーデターなのだ。ご承知のように日本のメディア支配しているのは、大広告会社の電通。あまねく政府の宣伝を日本全国津々浦々までまき散らすのはNHKである。とくに地方都市や新聞すら配達されな山間部のお年寄りの「信頼度」は抜群である。わたしは毎朝午前5時からNHKを聞いているが、最近のキャッチフレーズは「安心ラジオ」と言っている。しかし実体は「危険ラジオ」「ウソばらまきラジオ」である。ツイキャスはそれなりの影響力はあると思う。さらにネットラジオのような工夫をしなと、わたしたちの影響力はひろげられないと思うのだが…カストロがキューバに上陸してまずやったのはシエラマエストラに放送局を作って自分たちの活動を全国に広めたことだった。
▼今晩10chで午後9時から放送される「所轄魂」」は番組解説を見る限り、私が8月2日駅前のロケ現場を通りかかったものだと思う。

|

« 9月18日に日本の民主主義は死んだのか? | Main | ◇「NORIN10~稲垣権次郎物語」を見る。 »