« 私はいま北陸新幹線で移動中です。 | Main | 九電川内原発1号機フル稼働でも「抗議」がないのは何故だ。 »

September 11, 2015

医療費抑制とオプスレイ購入価格

▼茨城、栃木方面で水害に遭われたみなさん。お早うございます。心からお見舞い申し上げます。わたしは朝から一日移動していたので、災害の詳細は帰宅するまでわかりませんでした。それにしても救出で活躍するブラック・ホークは頼もしいですね。先週のデモクラTV(インターネット有料放送)本会議で次のようなことが話題になりました。経済評論家の荻原博子さんがオスプレイ17機の値段と、日本の医療費を抑制する政府目標が同じであるということです。
▼軍事評論家の田岡俊一氏はそれを受けて、アメリカでは海兵隊も「効率が悪い」と購入するのを拒否した。陸軍だけは仕方なく買った。大体、オスプレイなら22人程度の兵員を運ぶことしかできない。しかしC130輸送機で運べば、価格は安い上に100人以上運べる。もし島嶼防衛が目的ならば、制空権を持つことが第一なのでF15戦闘機を買った方が遥かに有利である。
▼さらに島嶼防衛でAAV7戦闘車両(アムトラック)をアメリカから買うと言っている。しかしこれは1970年に生産中止になった旧型車両である。日本の戦闘車両は装甲も薄く、小銃弾はともかく12ミリ機関銃で撃たれたら穴があいてしまう。だからといって50年前に生産中止になった機種の生産を再開させて買う、というのは納得いかない、と語っていた。さらに軍需産業というのは国の東西をとわず、「公共事業」的な物になっているのはいなめない。
▼わたしが見ても日本の潜水艦や戦車は「公共事業」としか思えない。前者で言えば川重と三菱で交代に作っている。後者は戦車の技術者が定年退職でいなくjなる前に、技術を継承するためにだけ作られている。
▼みなさん、「昭和の三大無駄」公共事業というのをご存じだろうか?1)戦艦大和と武蔵。2)伊勢湾干拓事業。3)青函トンネル。役に立たなかった代表格だ。

|

« 私はいま北陸新幹線で移動中です。 | Main | 九電川内原発1号機フル稼働でも「抗議」がないのは何故だ。 »