« 千葉県市原市の地球逆転層の取材に行く。 | Main | ◇「ヴィンセントが教えてくれたこと」を見る。 »

September 06, 2015

金曜日の東電本社前抗議行動で聞いた話。

Codtytyukasigensmall
(資源エネ庁前の最後のコール)
▼金曜日は午後4時に出発して新橋の東電本社に向かう。楢葉町の(人口7千人)に翌5日の午前零時に「強制帰還」させようとしていることに抗議するためだ。5時に抗議する人は5人ほど集まったが、東電はガードマンが突っ立っているだけ。その模様はYouTubeに一部始終がでているのでご覧いただきたい。
▼そこで実はもの参加者に凄い話を聞いた。東北の某地方。その人物は聖職にあって、仕事の傍ら木を切ったり、原発事故による放射線の影響を測定していたらしい。ところが最近事故でお亡くなりになった。事情は詳しく書けないが、山で木を伐採してたとき、その下敷きになってしまったのだという。事故は「木の下敷き」ということだが、木の幹から5mくらいとばされ、身体には木が刺さっていたという。警察の検視が済むと、家族と死体の面会はなく、普通クリスチャンだったら火葬にはしないが、それも出来ずに火葬にされてしまった。
▼わたしがお話しをお聞きしたのは、現地との連絡をなさっている方である。それと前後して、何者火による盗聴が始まったという。会話の内容がたわいのない会話だと「耳に聞こえるように」プツンと切れる音がする。あるとき友人にCメールの連絡をしたら、中々届かない。次に確かめたら相手の番号とは異なる番号がついていた。試しにその番号に電話してみたら、聞いた事がない人に繋がった。新聞記者に調べてもらったら、ある名前が分かったがそれは誰なのか分からない。
▼これ以上詳しくはかけないが、「盗聴を逃れるにはどうしたら良いか」と聞かれたので、わたしが知る限りの情報をお伝えした。追加でツイッターに書きましたが、いつも東電前で一人で抗議していらっしゃる横浜のタクシー運転手さん。おはなしを聞きましたら、久里浜にある核燃料の工場GNFから、7日の夜中に柏崎刈羽に搬出が予定されているようです。注意しましょう。
▼金曜日は資源エネ庁前で9時45分くらいまで抗議をして、一応の解散で、経産省正門前にお別れして帰宅する。

|

« 千葉県市原市の地球逆転層の取材に行く。 | Main | ◇「ヴィンセントが教えてくれたこと」を見る。 »