« 胃が痛くなるようなニュースが連発する。 | Main | 書棚の大掃除と小掃除が終わる。 »

December 30, 2015

築地もスカイツリーの地元も寂れる一方。

▼ブログは明日から3日間、突発事件が起きない限りお休みする予定です。今朝30日の東京新聞に、築地市場の再開発の一環として、豊洲移転後は川縁に船着き場を作って観光に力を入れるという意味の事が書かれています。実は29日のTBSモーニングバードで築地市場、場内売り場と場外売り場の違いと、そこで売られている商品の違いなどが報告されていました。そこに解説者として登場したのは時事通信築地に水産担当記者として常駐している川本大悟記者でした。そこでの報告は、毎日午前3時には現場に出勤して取材を続けている、という内容でした。
▼この番組は築地移転がメインのテーマではなかったので、番組では本の少しだけ状況が報告されました。1)移転にはカネがかかる。2)後継者問題が多くて廃業する業者が30件ほどある。というだけで「豊洲」が不便と産業廃棄物で危険という話しは一件もありませんでした。要するに今の築地は今年が最後で来年は豊洲でお会いしましょう。場外売り場はそのまま続きます、と言う内容でした。川本記者は水産物は今年すべて値上がりしているが、原因は不明。日本の漁業は根こそぎ獲ってしまうので、資源の枯渇も考えられると言う説明でした。漁業資源と日本独自の漁業方法については調べた事がありますが、きょうのテーマではないので省略します。
▼わたしは国会周辺で抗議があるとき、官邸前や議員会館の場合、永田町から押上にでます。経産省、外務省の場合、日比谷公園を横切って有楽町まで歩くのが一般的です。夜の押上に出るとスカイツリーのネオンは消えて射ることが多いです。最近スカイツリーの隣りにあるセンタービル(東武鉄道の本社ビルの跡地)が完成、オープンしました。
▼スカイツリーを建設する資金はヨーロッパで3600億円の建設債が募集されて、建設されたのです。日本の資金ではありません。建設主体となった東武などはその資金を回収するため、いろいろな事業を展開しています。その一つがすみだ水族館に次いでこのビルの建設でした。数日前にこのビルに入って見ました。1Fと地下はLという巨大食品スーパーです。試しに見たワイン売り場はそれだけで、普通の酒小売店の2倍ほどあるのです。もう墨田区の酒店が束になっても適いません。2Fは大手家具チェーンです。スカイツリー建設で地元の発展を等と当時の墨田区長は声を大に叫んでいましたが、残念な事にそれとは逆の方向に行っています。ご希望があればいつでもご案内しますが、昔からある、地元の商店街はシャッター通りとなって閑古鳥が鳴いています。

|

« 胃が痛くなるようなニュースが連発する。 | Main | 書棚の大掃除と小掃除が終わる。 »