« 明けまして、おめでとうございます。 | Main | NISAと振り込めサギの違いを考える。 »

January 04, 2016

3日夜NHKBSプレミアム「 「大江戸炎上」 を見る。

▼どうも「お屠蘇」というのは苦手である。ほんの5ccくらいしか飲まないのだが、暫くして身体がほてって、興奮状態になり、読書に集中できなくなってしまう。だから本当は一滴も飲みたくはない。昨日毎年恒例の「七福神巡り」を20年来の親しい友人を行った。この日の締めは数杯のビールだけだったので、疲れることなく、後に引かなかった。
▼休み中読んだのは小説と潜水艦の専門書数冊だった。休みになってしまうと、本はたくさん読むことができない。いつも書いているように、本は移動中のJR車両の中がベストである。かの脳科学者の養老孟司氏も鎌倉から本郷の東大病院までが一番読めたと書いておられる。
▼昨晩NHKBSプレミアムで「歴史エンターテインメント 「大江戸炎上」 を見たが中々面白かった。わたしも忙しかったので全部は見ておらず、2時間番組のうち最初の30分くらいだ。「明暦の大火」(4代将軍家綱の治世)は、10万人の命を奪い、首都の4分の3を焦土と化した。いわゆる八百屋お七の振り袖火事だ。この火事の火元は池上本問寺という事になっている。しかし調べていくと、隣りの某家老(番組では実名がでている)の家が火元であったという文書が残されている。それが表沙汰になるとまずいので、寺ということにした。江戸は何度も大火があったが、それは本当にすべて失火であったかどうか、はわからない。しかし小さな火事のとき、その後、今で言う区画整理がうまくいった。幕府は何度か区画整理や、武家屋敷と商人町、それに民家を分けようとしたが、利権や既得権が存在してうまく行かなかった。だが大火の後は更地になったのでうまくいったというのだ。これに味を占めて江戸を画期的に造り変えるために、この大火災を起こしたのではないか、という話しだった。
▼元旦のネットニュースで「大晦日に六本木で映画を見に行った首相と、山谷で炊き出しを手伝った山本太郎とどちらが良いか」というニュースがあった。これにコメントしたところ随分いろいろな人に絡まれた。初対面の人に「お前」呼ばわりされる筋合いはないので、そういう意見はすべてブロックした。安倍よりも山本のほうが良いといっただけで、文句があるなら記事を配信したネット運営会社に言って頂きたい。元旦なのでよほどヒマをもてあましている人が多かったのだろう。とかく自分がスレッドを立てないで、横やりいれる手合いが多い。どうか他人の発言にヨコから口を突っ込まないで、身内の方々で盛り上がって頂きたい。
▼本日の東京新聞夕刊に「脱スマホ夜の読書館」という記事が載っている。スマホの電源を切って静かな場所で音楽を聞きながら読書をという試みを六本木ミッドタウン7Fで行ったという。この記事の全文(リード)によればネットの世界には今、言葉があふれている。それは時に誰かを傷つけたり。物事を単純化しすぎたり、自分の正義を声高に叫んだりするものになりがちだ」と書いてある。とても良い記事なので、帰りがけにキオスクなのでお買い求め、講読することをオススメする。
▼電車の3人がけの席の背中にパナソニックの勉強に効くライトという広告が出ていている。3人の受験生らしい人物が受験勉強をしている。しかしよく見ると3人ともイヤフォンを耳に入れている。お笑いだよ。勉強に集中したかったら「無音」状態にしないとまずいね。イヤフォンじゃなくて「耳栓」です。
▼上記大晦日の首相の件でネット上の論議はしません。時間の無駄です。私から読書の時間を奪わないで下さい。お願いしますね。

|

« 明けまして、おめでとうございます。 | Main | NISAと振り込めサギの違いを考える。 »