« 一人一台トラメガを買って集まろう。 | Main | NHK「ラティーノ.変わりゆくアメリカ」を見て考えた。 »

February 21, 2016

YouTubeも「長いの」は視聴されないようだ。

▼一昨日、少しぬるい風呂に入り、今朝4時に猫に餌をねだられ、早起きしてから風邪をひいて体調を崩してしまった。昨日はYouTubeでご覧のように、伊勢崎賢治さんの講演会にいってきた。最初に主催者と先生にお断りしてビデオ撮影をすることが出来た。講演部分は1時間50分あり、質疑応答部分は55分ほどある。しかし残念なことにアクセス数が極めて少ない。わたしは仕事で講演の内容を文章にまとめる。だがタダでブログを読んでいるみなさんに、その真剣勝負で書いた文章をお見せする訳にはいかない。
▼まず伊勢崎さんは、みなさんが国内法と国際法の違いを分かっていないと話しを始めた。例えば自衛隊員がヘルメットに「9」と書いて相手に撃たれないとでも思っているのか?と問いかける。平和憲法があったから自衛隊が海外に行かなかったというのは間違いである。現実にカンボジアでは「復興」の名前で行った。インド洋でアメリカ艦船に給油するときもPKOで行っている。このとき戦闘が起きたときは国際法で裁かれる。安倍首相が「駆けつけ警護」という事を言い出したが、これは文民警察の担当すべき分野である。
▼だからヘルメットに「9」を書いて行っても、当地では意味不明の記号でしかない。今までサヨクも、自分の都合の良いときだけ自衛隊にまかせると、法的な彼らの身分保障の法律のないまま利用してきた。これらの部分先生手書きの図解と、アフリカ現地のビデオで紹介しているのでご覧いただきたい。
▼正義の戦争という物はあり得ない。現在アフリカの紛争の多くはウラン、ダイヤモンド、レアメタルの取り合いを巡って起きている。このことを忘れてはいけない。
▼しかしわたしは、YouTubeをご覧になって下さる皆さんが、何を期待しているか考えながら撮影している。最近分かって来たことは、1)長いスピーチや理屈っぽい、アタマで考えなければ分からないものは見ない。2)集団で盛り上がっているのは、自分がその場にいるような錯覚を受けて気分が高揚する(らしい)。すなわち文字を読まなくても直感的に分かるもの。3)北の国や某宗教学会のような一挙一頭足が揃ったコールやマスゲームのような物が人気である。ちなみにわたしはその手のものは吐き気がする。4)警察と揉めているようなものは自分が渦中にいるような気がして見る。
▼ま、こんなところだ。自分の撮影したビデオや友人達が撮影してアクセス数が多いのはこういう分析をした。先日も連合本部前で要請行動をしたとき、翌日ツイキャスの書き込みを見たら、連合の電話とファクスの番号を書いていた人がいたが、こういうのは業務妨害なるので止めて欲しい。ご自分一人で電話をするのは構わない。わたしは再三申し上げているが、相手に肉筆の手紙で心を込めて訴えて欲しいと言っている。敵と味方を見極めて一番効果的な方法を考えること。わたし達の目的は「味方を増やす」事なのだ。伊勢崎さんのお話しをじっくり聞いて、今までのサヨクの間違っていた点をきちんと生かして明日からの理論武装に役立ててほしいものだ。

|

« 一人一台トラメガを買って集まろう。 | Main | NHK「ラティーノ.変わりゆくアメリカ」を見て考えた。 »