« 「国防軍とヒトラー」3、B氏の投稿から。 | Main | データウーマン(K・Kさん)の 「遺伝子組み換え作物問題について」。 »

March 29, 2016

カネの心配をせずに「経済効果」だけを期待する報道

▼この数日、市井の会話を聞いていると、政治に関連する話題はほとんど登場しない。某平日、駅ビルの喫茶店。70代後半のご婦人が二人。病気の話しだったので、聞き耳をたてると、愛犬の病気で、話しは動物の墓地に進んだ。人間より立派な墓地に入っているようだ。続いて桜見物はどこにするか?という話しになる。
▼続いて夕方のバス停。70代老人二人が白鵬は怪しからんという話しから「真田丸」になる。安倍は怪しからんという方向にはならない。別の日、真田丸は、話しが上手すぎるから、真田丸ビールの話しになる。戦争法施行前日だが、そういう話しは一切なし。もちろん原発再稼働もTPPやモンサントの話しなど一言もでて来ない。自分が住んでいるとは異なる世界が存在する。
▼土曜日はご存じのように日本の報道は「北海道新幹線」一色に染まった。だいたい「43年の悲願達成」「経済効果が期待できる」、というものだ。かかった費用は、北海道新幹線の工事費は、国土交通省の試算によると、新青森・新函館北斗間で約5,500億円、新函館北斗・札幌間で約1兆6,700億円、合計で約2兆2,200億円とされている。
▼みなさん「のれん代」という言葉をご存じだろうか?経理用語は難しいが、簡単に言えば企業を買い取ったとき、その金額が全部払い終わって、利益がでて来てからの事を言う。それで言えば、この北海道新幹線は「経済効果」とは払い終わってからだと考えるのが妥当だ。日本の新幹線の赤字係数は以下にあるのでご覧いただきたい。大体新幹線を作ると在来線の途中駅は、寂れてしまう。昨日も軽井沢まで行きは、「はくたか」帰りは「あさま」に乗って来たが、人の乗り降りがほとんどないような駅がいくつかあった。借金は先送りで、責任は誰もとらない政治が進行していくのは戦前軍部がやったことと何も変わらない。
▼戦前は「勝っている。勝っている」と報道して実際はボロ負けしていた。そして今は「放射能は安心だから」、「絶対大丈夫」と原発の再稼働と強制帰還が進んで行く。今朝のNHKニュースでは、東電は6兆円を被災地や被災者に支払ったが、東電が負担したカネはたった3千万円だという。企業努力も経営、営業努力を何一つしないで、生き延びている東電の実体は国営ゾンビ会社なのである。

|

« 「国防軍とヒトラー」3、B氏の投稿から。 | Main | データウーマン(K・Kさん)の 「遺伝子組み換え作物問題について」。 »