« 「牛飼いだから餌をやる」(2)希望の牧場吉澤正巳さんの話(2) | Main | 政敵の「秘密情報」を握る物は強い。 »

April 29, 2016

「戦争が近いのか?」とバス運転手さん。

▼会議で熱海に行っていた。PCを持参しようかと思ったが、たかが一泊なのでブログはタイマーでセットして出かけた。途中バスの休憩中に仕事の電話がかかって来たが、木曜日メールと電話することで勘弁してもらう。途中凄いものを見た。最初は真っ黒に塗ったシーホークの出現だ。館山の第一ヘリ団にはないので、おそらく横須賀の海上自衛隊の所属機だろう。かつて自衛隊の観艦式で2度見ている。オスプレイなどと違って艱難救助もできるので、買うならこっちの方が遥かに役立つ。バスの運転手さんは「最近ヘリコプターが飛ぶことが多いのですが、戦争でも起きるんでしょうかね?」とアナウンスする。しばらく行くと今度はC1輸送機がデュアル飛行で登場した。運転手さんは再び「戦争でも起きるんでしょうか?」というが誰も笑いはしない。こちらはかなり旧型になるが訓練飛行なのだろう。
▼ホテルのWIFIは具合が悪い。K氏が「これから○○○の中継を始める」というメッセージは届くが、それから先には進まなかった。おりからTVを見ると東京地裁でK原元選手の裁判が始まったという。参議院の法務委員会ではおりから刑事訴訟法改悪が審議されている。何という「ベストタイミングだろう。
▼参加者の一人はN市から参加した。T総務相の評判を聞くと「地元では神様のような持ち上げ方」だという。これではたとえ中央でいくらバッシングされても、「自分にはN県民の声なき声が聞こえる」と開き直るのだろう。そして靖国を参拝して平気な顔をしている。日本の夜明けはまだまだ先なのだろうか?
▼夜参議院議員会館前の「刑事訴訟法改悪反対」の集会に参加した。TPP以上に関心は低い。しかも自公は10日にか委員会で議決しようと、意欲満々だ。連休で遊びやハイキングに出かけても、国会前や参議院議員会館前には来ない。「安保法案」以上の人々が国会を取り囲まない限り、法案を廃案に追い込む秘策はない。それともパナマ文書に首相の名前が出てくるとか?連休中は「ブログ」もカレンダー通りに執筆します。動画を編集するためにはメモリーが不足しているようなので、今日は午後から秋葉原に行って来よう、と思っている。

|

« 「牛飼いだから餌をやる」(2)希望の牧場吉澤正巳さんの話(2) | Main | 政敵の「秘密情報」を握る物は強い。 »