« 「すべてをアメリカあげる」という歌ができそうなTPP。 | Main | パナマ文書に載っていた日本人の名前。 »

April 08, 2016

英首相の不正に30人の抗議、日本のTPP反対に15人。

Tetu407
(7日衆院第二会館前で「TPP絶対反対」とコールする火焔瓶テツさん。
▼TPPが衆院で審議入りしたので、「TPP断固反対!市民連合」による緊急集会」があった。雨が強くなるか、それとも止むのがはっきりしない天気だったので、完全防水カメラと、普通のカメラをスーパーバッグ(買い物バッグ)にくるみ、レンズの部分だけくり抜き、セロテープで止めて持参した。もちろん雨靴とレインシューズの完全装備だ。あれこれやっていたら出発の時間を間違えて15分ほど到着が遅れてしまった。参加者は10人に満たない。今朝のNHKラジオを聴いていたら、イギリスのキャメロン首相が「パナマ文書」でタックスヘイブンで蓄財をしていたと暴露された。それに対してキャメロンは「首相になる前に売り払った」と釈明している。蓄財したことが問題なのに、言い訳ばかりするのは洋の東西を問わないようだ。
▼それに対してNHKは「ロンドンでは首相官邸前で30人の活動家の抗議行動が行われた」と報じた。日本のTPP反対行動はその半分の参加者だったが、どこの新聞社もTV局も取材には来なかった。雨は止んだので、衆院第二議員会館到着直前に三脚にカメラをセットしながら、テツさんのスピーチする前におそるおそる近づく。先にX氏とご紹介された方から名刺交換をしていただいた。本当はS氏と仰る方であった。S氏とお会いしたのはわたしが臨時に九電前抗議を引き受けて、その参加者を募るため、国会正門でスピーチしたのを聞いて下さってからだと思う。それから防衛省抗議なでご一緒させていただき、「ブログ」も読んで下さっている、というのでありがたくお付き合いさせていただいている。このS氏に学ぶべきはお母様の介護の合間をぬって時間を見つけては、数々の抗議行動に参加して下さっていることである。7日のTPP反対の抗議(1)
▼それはK・Kさんも同じで、時々病院から直行されている。昨晩もファイナル・コールをしている最中に到着され、日米二国間協定が重要な意味を持っていると具体的な実例を紹介しなからスピーチされている。YouTubeの(2)の最後をご覧いただきたい。
▼昨晩は様々な選挙に出馬されているマック赤坂氏が偶然通りかかった。マック氏はドキュメンタリー映画「立候補」にも出演されているが、その派手な姿格好とは別に、とても真面目な方である。昨晩も「TPP反対」と、息子さんが(おそらく)運転する真っ赤なスポーツカーで近づいてきて、火焔瓶テツさんとエールを交換して下さった。しばらくすると警備の警官が「通行の邪魔になる」と排除された。その様子は動画は(2)の最初の部分に数分間写っている。
▼気温が上がってくると抗議活動も少しは楽になる。わたしの場合、抗議行動がある日は、始まる3時間前から水分を補給しないようにしている。例えば昨日で言えば、午後5時からの抗議なので、午後2時から水分は補給しない。水で口をすすぐだけにしている。近くにトイレがないので、その予防だ。反原連の人にお聞きしたら冬は、みなさん同じ傾向にあるという。さらに家を出たら3時間から5時間は座ることができず立ちっぱなしだ。だから節制とスクワッド等の体力作りは欠かせない。ツイキャスは昨晩3人の方が担当して下さったが、視聴数は合計延べ400人くらいだった。2時間全部通してご覧になっている方は少ない。
▼今晩も午後5時から同じ衆院第二議員会館前の路上で抗議を行うので参加して頂きたい。火焔瓶テツさんもYouTubeの最後で訴えているが、「ひとりでもここに来て、TPP反対のプラカードを持って立ちましょう」。

|

« 「すべてをアメリカあげる」という歌ができそうなTPP。 | Main | パナマ文書に載っていた日本人の名前。 »