« 北海道の自衛隊の空砲事故の真相は? | Main | オバマの広島訪問に98%の日本人が賛意!? »

May 29, 2016

映画2本をテーマに勉強会があった。

▼土曜日朝イチで外科医に行く。右足の傷だけかさぶたでふさがらず残っているが、これも月曜日で、もうOKだといいう。実はアマゾンでスケボーなどに使う膝、肘などを保護するサポーターを注文したが、届くのは6月7日だというので、これはキャンセルしよう。怪我がなおったのに、短パンに膝当てだけして歩いていたら、嫌みだし。
▼午後から都下M市で開かれる勉強会に参加した。これはわたしが非常勤で勤務していた、英語学校の元講師たちで作っている勉強会で、2ヶ月に一度順番で好きなテーマを作って報告して討論をする。この日のテーマはT先生が報告者で指定の映画を2本見てくるようにというものだった。1本は「ブルース・ブラザーズ」2本目は「アラバマ物語」である。前者はDVDを持っていたので、午前中に視聴した。後者はDVDを探す暇がなく、ネットを検索したら後半の30分ほどの裁判の場面だけ見る事ができた。
▼T先生によれば、前者のブルースは、「笑いによる米国社会批判で、貧富の格差社会「宿、高級レストラン、モール、)銃社会(フィアンセ)、暴力社会(C&W、バンド、武器)、人種差別・人間差別(イリノイナチ)ー作品中一人も殺さない映画ーーだが?戦争中毒(war addict)(レジュメの一部)ということになる。
▼もう一つのアラバマ物語(To Kill a Mockngbird)は、2つの差別問題、アメリカの社会問題である人種差別、社会的弱者に対するより根源的な差別意識。スカウトは法の遵守に優越する倫理があることを学んでいる。黒人や精神障害など社会的弱者が…社会によって無残に抹殺されるという現実が静に告発されている。としている。アラバマ物語はどこかレンタルショップで借りて全編をみなければいけない。
▼今朝の10CH「サンデーモーニング」は刑訴法が衆院を通過したことをちゃんと伝えて、司法取引、盗聴の歯止めがなくなる事も報道していた。同時にヘイトスピーチ法の限界と処罰されないという問題点も荻上チキと田中優子氏が指摘していた。

|

« 北海道の自衛隊の空砲事故の真相は? | Main | オバマの広島訪問に98%の日本人が賛意!? »