« 地震警報アラームと近未来の日本。 | Main | 刑訴法反対集会に山本太郎氏が激励に見える。 »

May 18, 2016

「刑訴法改悪問題」が報道されない。

Img_3769tetu517
(17日参院議員会館前の火焔瓶テツさん)
▼昨日は外務省のHPで旅券の発行方法を確かめてから、近くの区役所出張所に向かう。書類の一つに「住民票」があったからだ。窓口に言って事情を話すと「住基ネットに入っている行政区に住んでいる人は必要ない」と言われる。診察が終わってから近くにある別の自治体の出張所に行く。戸籍謄本である。わたしは婚姻届けを別の自治体に提出したので、本籍は別の区になっている。それを持って有楽町のセンターに行く。持参した写真が古いのではないかとクレームを付けられたが、前のパスポートは太って、今は痩せているしメガネも違うとか何とか言って受け付けてもらえた。その間約1時間半だった。物事は余裕を持ってやっておけば安心である。書類を一度窓口に出すと「住基ネット」にアクセスして、提出した書類の記載ミスを照合するようだ。これで不正旅券が防げるのか?システム構築に大金を掛けたわりにはあまり役に立たないように感じる。
Img_3771517b
(17日プラカードを持って抗議する人)
▼夕方は参議院議員会館前の刑訴法改悪反対行動に参加する。相変わらず参加者の数は少ない。マスメディアは一貫して無視して報道しない。ここぞとばかり、ベッキー復帰、清原裁判、今朝のNHKトップは芸大の建物の世界文化遺産登録か?がトップニュースだ。今朝のニュースで重要なのは、各通信(携帯)会社がGPSの情報を使用している人に無断で警察に提供するというものだ。先日ご紹介した「オマールの壁」で逮捕された主人公オマールは警察の手先になるように強要され、2度目の逮捕で足首にGPS付きの足かせを装着される。そのとき警察に「足を切らない限りこのGPSは勝手に外せないからな」と脅される。
Img_3770517c
(議員会館に向けてプラカードで意思を示す参加者)
▼ところが我が日本国は犯罪を犯していないのに、GPSという足かせを付けられてしまった。ドコモ、AU、ソフトバンクのいずれも「協力することに同意してしまった。OKをしなかったのはあのアメリカでFBIと訴訟になったiPhoneだけだ。アップル社は協力を拒否しているが、イスラエルの技術でそれを解除するシステムは某日本サン電子というメーカーが持っており、実験の結果も発表されている。
▼雨は止んだが、3時間も抗議をしていると体温が奪われ寒くなって来た。ほぼ3時間で解散した。永田町駅までCさんと一緒に歩いた。するとわたしの持っている「くまもん」(熊本のキャラクターだが、わたしのそれはソフトバンクとのコラボバッグである)バッグをご覧になって、お住まいの自治体のキャラクターを平和運動のチラシに使わせなくなった。着ぐるみも貸さない。集会所も貸さなくなってしまった、というお話しをされた。平和運動に自治体が会場を貸さないと言う傾向は、おそらく国民投票法の際に国の指導があるのだろう。国民を盲目状態にし「改憲に賛成」という結果を出そうというのが彼らの卑劣な狙いであろう。それでも手をこまねいて、「弾圧」法制が強まっていくのを見ていますか?

|

« 地震警報アラームと近未来の日本。 | Main | 刑訴法反対集会に山本太郎氏が激励に見える。 »