« 勘違い防止は書いて確認するに限る。 | Main | 怪我で手術をした人の経過は? »

June 24, 2016

アクセスゼロでも続けるぞ。

Clokkydwiae1ou1tetu623
(23日連合本部前でスピーチする火焔瓶テツさん)
▼昨日のお茶の水連合本部前の「連合はTPP反対を公式に表明し来る参院選に向け政治的影響力を行使せよ!」行動は前日の民進党本部前抗議より参加舎は少なかった。選挙が始まったので、それぞれ支持する候補者の応援に邁進しているのだろう、と思う。抗議を終えよう「お別れの挨拶」をしていたら、隣りのレストラン経営者とおぼしき女将が出て来て「いい加減にして下さい。もう十分やったでしょう。うるさくてテレビもみれやしない。時間を決めてやって下さい」と苦情を申し立てて帰って行った。わたしの知る限りこの連合本部前では三回目の行動になるが、今までいちども苦情はなかった。それに鳴り物は一つも使っていない。
▼終了後話し合ったのだが、これは普通の女将ではない。理由は態度が慣れて堂々としている。言葉使いがプロっぽい。おそらくどこかの「指示か要請」を受けて来たのだろう、という結論になった。今から3年前だったが、信濃町の公明党本部の抗議に行ったとき、警官の制止にあって建物に近寄れず、近くの公園で抗議をしていたら、「子どもが塾で勉強しているが、うるさくて集中できないからすぐ立ち去れ」と言ってきた。体育系の体つきをした男性がいた。これと同じパターンであろう。今年になってから「希望のエリア」に「近隣の住民からうるさいという苦情があった」とパトカーが駆けつけた事があったと聞く。これも同じ嫌がらせのパターンである。「希望のエリア」がある憲政記念館ちかくには住宅は一軒もない。5年も続けているのに、なぜいきなりやってきたのか?反原連も首相官邸前と、国会正門前と二ヶ所でやっているのに、なぜこちらにはクレームが来ないのか?
▼そのせいかどうか、連合本部要請活動のビデオはアクセスゼロである。記録とは別に嫌がらせや妨害があったときの証拠という面もあって録画しているので、困らない。
▼ネットを見ると「改憲勢力が有利」という情報にあふれかえっている。これはネットの操作する会社の謀略である。「週刊金曜日」6月17日号にGoogleの日本法人の執行役員には元自民党職員だった杉原某が名前を連ねていると書かれている。「ニコ動」の運営、立ち上げには麻生太郎氏の長男である将豊(まさひろ)氏が関わっていたとされる。さらにニコ動を運営する(株)ニワンゴの親会社(株)ドワンゴには太郎氏の甥である、麻生巌氏が取り締まり役に就任していたと書かれている。
▼そしてイギリスがEUを離脱したらどうなるか?と「恐怖を煽る」テレビ局。イギリスはどうでもいいから日本の政局を報道せよ。棄権をなくし選挙に行く啓発報道を真面目にやれ。

|

« 勘違い防止は書いて確認するに限る。 | Main | 怪我で手術をした人の経過は? »