« アクセスゼロでも続けるぞ。 | Main | ◇「帰ってきたヒトラー」を見る。 »

June 25, 2016

怪我で手術をした人の経過は?

Img_3930
(23日夜大手町四電前で力の限りのコールする火焔瓶テツさん)
▼数日前の深夜女性が悲鳴をあげるような声が断続的に聞こえて、眠れなかった。理由はこの地域の幹線道路の電柱を地下ケーブルに敷設する工事をしているからだ。それに付随してCATVのケーブルも地下に潜らせる。おそれらくその現在のケーブルを切断する音だったと思う。その日の夜同じフロアに住んでいる人に訊いたら「何も聞こえなかった」というので驚いた。1年くらい前に幹線道路の反対側にあるマンションで火災が起きて、消防車が10台来た時も気づかなかったという。そんな騒音にも気づかないという不思議な事があるのだろうか?聞くとその人物は毎晩睡眠導入剤を服用しているのだという。
▼わたしは夜の抗議行動で疲れるから、お茶を一杯飲みだけでも眠れる。ただ重い物を持つのはかなり身体に負担になってきている。時間は30分くらいが適当で、3日前の朝は腰痛で中々起きる事が出来なかった。自分としては1週間3回(3日)一回3時間以内になるように心がけている。といいながらこの1週間は4日も出動してしまった。
▼木曜日ある場所に会議で出かけたら、昨年10月真っ暗な駐車場の柵につまずいて両足の膝の皿を割って手術を受けた友人が顔を出してくれた。状況をお聞きすると手術をしてから半年くらいリハビリをしていた。ズボンをめくって手術跡を見せてくれたが、膝の皿に沿ってまっすぐな15cmくらいの手術痕が残っていた。いまはリハビリ病院に通っているが、まだ膝の中に埋め込んだコイルを取り出すかどうか迷っているという。それはリハビリ病院では判断はできないからだ。さらにまだ怖くて正座はできないという。その友人はわたしより一切年上で健康増進のためジムに通って、帰りの駐車場に向かって歩いているとき、この事故に遭った。ある年齢を過ぎたら夜は出歩かない方が賢明だろう。わたしもあと3年で夜間に出歩くのは一切止めようと思っている。
▼みなさんも走らない事。つま先を上げて強弱をつけて歩く事を心がけて頂きたい。

|

« アクセスゼロでも続けるぞ。 | Main | ◇「帰ってきたヒトラー」を見る。 »