« 権力犯罪はみな起訴猶予か「時効」が成立する。 | Main | ◇「辺野古圧殺の海、第二章」を見る。 »

July 16, 2016

GMOに反対するドキュメンタリーを見る。

▼何故か夜8時にアクセス解析を見たら普段の日よりアクセスが多かった。気を取り直してブログを書く。昨日は親戚のつきあいがあって夜の行動には行けなかった。出かける前にカードリーダーの具合が悪くなって、どうやっても読み込みが出来なくなってしまった。あれこれネットを見て試したが上手く行かないので、出かける前に秋葉原で650円のモノを購入した。最近は1時間の労力を使って直す方が安いか、買った方が安いか検討して安い方を選ぶ。このリーダーは3年使ったので良いとする。
▼今朝はデモクラTVでアメリカのGMO(遺伝子組み換のトウモロコシ種子に、一例が病気の遺伝子を組み込んで突然変異させるのだ。そのトウモロコシや大豆が身体に良いはずはない。インドでは綿の種子に同じような事をして収穫量が上がると買わせる。ところがいずれのGMOも収入は増えていないのだ。インドではそのタネから油を絞るので、食べて身体の具合が悪くなる。身体が悪くなって収入が減って、モンサントに借金だけが増えるので自殺する人が何千人にもなっている。
▼いまのところGMOを使うのは大豆、トウモロコシ、米、モロヘイヤなど8種類だけなのでそれを食べなければ良い。それにしてもアメリカだけなぜ「非表示」が許されているjのか?健康に対する害がでていることに疑問を感じた大学の研究者たちは訴えられたり、仕事を失ったりする。アメリカの一般の人びとは動物の例えばニワトリ、ネズミ、インドでは豚や牛を使ってGMOの餌を食べるかどうか実験をする。動物たちはまるで分かっているように見事に食べる事を拒否する。メーカーに対してはボイコットを進める。たとえ20%でも売り上げが減ればメーカーは考えるだろうという実力行使だ。考えて見ればTPPが通ると無理矢理このGMOを食わせられる。さらに豆腐や納豆なども「非表示」が義務づけられる。
▼翻って日本のTPP反対運動は盛り上がっているか?ノーである。日本モンサントの抗議も参加舎は50人もいなかった。衆議院議員会館前のTPP抗議も最大で50人くらい。JAの人達と憲政記念館で抗議したときが200人くらいだった。ヨーロッパは数万人の抗議が行われている。はっきり言って誰からに頼っていても、ツイキャスを見て応援していてもメーカーも政府も何も怖くはない。実際街頭に出て売り上げを減らす抗議をしない限りダメだ。もしもキーボドを叩いて具体的にモンサントを困らせた実例があったら教えて欲しい。わたしなど京橋のモンサント日本支社の抗議をビデオに撮ってYouTubeに流したら、Googleから「バッくグラウンドで流れていたロック歌手の歌に著作権がある」と抗議が来たほどだ。
▼上記のドキュメンタリーは「「Genetic Roulette 遺伝子組み換えルーレット ~私たちの生命(いのち)のギャンブル~」で明日16日午後23時までにデモクラTV(インターネット有料TV)月額525円を払って入会すればご覧になれる。

|

« 権力犯罪はみな起訴猶予か「時効」が成立する。 | Main | ◇「辺野古圧殺の海、第二章」を見る。 »