« オバマ広島演説の裏話。 | Main | ◇「ラスト・タンゴ」を見る。 »

July 13, 2016

オバマの広島演説の裏話。(2)

▼過去2年間、ほとんど使っていないカード会社から新しいカードが届いた。わたしは電話をして継続の中止を申し知れ、カードにハサミを入れた。義兄の他界を機に、持ち物の整理を始めた。フィリッピンの平均寿命は70歳である。読者のみなさんも永遠の寿命があるわけではない。親と同じ時期にボケ、それよりも長生きしても、おそらく自己の意識は認識できまい。意識のあるうちに無駄なものはすべて処分するのだ。想い出の品というのは第三者にとっては一番邪魔である。学者・研究者・教師などの本は死後に処分しようとしても値段はつかない。むしろお金を払ってもって行ってもらうようになる。本の数と知識は正比例しない。単なる安心料だ。必要なものがどこにあるか?必要な記述がどこの本のどの部分に書かれているか瞬時に分からないと、探すのに時間ばかりかかる。あなたの時間はもはや有限である。今70歳の人ならば、冷静に判断できるのは、せいぜい10年程度だろう。財産も所有物もできるだけ早く処分して自分が管理できる範囲にするか、現金化してしまう。残されたヒトにとってゴミの処分は大仕事である。生きているうちに貴方の手でやってしまおう。
▼義兄はカメラが好きでライカやニコンなど何台か持っていた。そのうちの一台がフィルムのパノラマカメラだった。買った時は70万円ほどしたが、死後に長兄が売却したら1万円だったという。わたしも考えた。一眼デジカメ3台と高級レンズを5本ほど持っていた。しかし過去3年はほとんど使わなかった。カメラは保管をしっかりしないとカビが生えて使えなくなる。購入総額は150万円ほどだった。6月中旬、バゲッジに詰めてYカメラに持ち込んだ。査定に1時間半ほど掛かったが約9万円で売れた。その金額でC社のコンパクトデジカメを買った。このカメラの売りは撮った写真を内蔵WIFIでiPhoneに送る事が出来る。それで最近ツイッターの写真がシャープになったのは、暗くても高速シャッターが切れるためだ。
▼オバマの広島演説の裏話。(2)
広島の演説の文字起こしが来た。オバマは広島の現実をすべて自然現象のようにごまかして扱っている。それのみか日本の歴史を無視して語っていた。太古の昔から人類が、火打ち石で武器を作り、木で槍を作り、その頃から道具作り、その頃から道具作りの出発点と同時に殺し合い、相手の物を取ることから争いが始まったと言っている。ところがわたしたちが大森貝塚から学べる事は何か?日本列島に1万年間続いた縄紋時代があり、津々浦々の遺跡からどこをどう掘ってもでて来ないものが一つある。それは武器と武器によって破壊された人骨が一切ない。と言う事は組織的に日本列島で殺し合いが1万年間殺し合いがなかったという事を考古学から学べる。オバマはそれを知っているか、浅学で何も学ばずに来たのか?縄紋時代も否定して、それで江戸時代の300年間、組織的な戦争がなかった時代も無視して、それで原爆投下の事実も無視している。それで堂々と広島で演説をぶったというのは、スゲエ。悪質だ。考古学から学べる事は限られているかも知れないが、オバマが堂々とわざわざ日本に来て、考古学の話をしやぁがって。日本の考古学を一切学ばない。学んで上で全部外すというのは、大森貝塚に土下座しろと言いたくなる。
▼しかしそれが一切問題にならない。オバマが考古学の話を知ったかぶりして話しているのに、それを検証しない。それが今回のパフォーマンスの浅はかさである。だったら17分の演説を5分にすれば良かった。演説を中国新聞が文字起こししてくれて、一度体内に入れる。それを日本語としてはき出し、もう一度これを読み直したときにタイトルは「オバマ大統領広島演説」だ。これを消して「アーサーの広島演説」にしてもう一回やった。そうして読み返しても何も問題なかった。さらに消して「ブラッド・ピット広島演説」と書き直してブラピになって読んでもまったく問題がなかった。更に「デンゼル・ワシントン広島演説」にしたがOK。気になったからもう一度「アンジェリーナ・ジョリー広島演説」にしたが、男女の問題もなかった。だからこれはハリウッド俳優ではなくても、一般の国籍の人は、自分のことは一切書かず、言えることしか言えない。アメリカ大統領としての発言はあるが個人としての発言はない。今回広島演説で何が分かったかといえば、あの人はアメリカ大統領ではないということだ。すてきなチアガールと一緒に、その中には核のフットボールと言われるスーツケースを持って来た。いざと言うときは広島の平和公園から核ミサイルの発射を命令できる。それを持ち込んでいながら、そのことについて触れない。どうしようもない。大統領じゃない。おれはどこへ行ってもこれをもたなきゃならない。こんなものは時代遅れだ。どんな事があってもこんな物を使う積もりはないぞ。といってこれをなくさなきゃ。人類の存在そのものが脅かされる。なんていう小物だろう。なんていうフンヤフンヤ大統領。一本も骨がない。それがホントに現れたのは岩国の米軍基地に行ったときにおこなった演説であった。(了)

|

« オバマ広島演説の裏話。 | Main | ◇「ラスト・タンゴ」を見る。 »