« テント撤去と◇「シン・ゴジラ」を見る。 | Main | 警察の強権的な取材規制の狙いは。 »

August 22, 2016

日曜はテント撤去の抗議に出かける。

Tetu821
(ふくしま・希望の牧場の吉澤さん(左)と火焔瓶テツさん(右)
▼本当は日曜日は自宅でゆっくりできる筈だった。ところが起床してネットを見て「テント撤去」驚いた。さらにNHKニュースには友人が写っていた。「大丈夫ですか?」と聞いたら、「自分が到着したときは、既にテントはなかった」ということだった。裁判所は通常夜間の強制執行は「危険」のため許可しない。しかし今回は特別に「混乱を避ける」ため、午前3時の執行を許可した。これは現地に行かない訳にはいかない。昼飯半分を残したまま、電車に飛び乗る。現地到着は1時半。テント跡手前には機動隊員が控えていた。それからはYouTubeでご覧の通りである。顔見知りもかなり集まっていた。
▼ここで言いたいのはまた寝ぼけたツイートである。「こんなときだから市民メディアを応援しよう」だ。今回の場合朝早い襲撃だったので、市民メディアは取材や報道することが出来なかった。その点報道しているのは警視庁記者クラブに入っている。しかも警察の信任を受けていると思われる。朝日、毎日、NHK、時事通信である。彼らは立ち位置も良い場所に三脚を立てあらかじめ狙っていました。ところがあとからやってきたIWJさんなどは対岸の農水省側に留め置かれ、近づくことすらできなかったのです。そうです今回の問題は「反原発勢力」を「悪」と位置づける印象操作が警視庁リードによって行われていたのです。それにふくしま・希望の牧場の模型の牛をおろそうとしていた吉澤さんの撮影をしようとしていたカメラマンを強引に拘束して逮捕していきました。現場にいるとこのような事が分かります。東京の事はどうでも良いので、お近くの祝島の原発建設のための工事が始まることに抗議して下さい。またお近くの伊方原発の再稼働を止める努力をして下さい。これらの抗議には東京から多額の交通費を使わないと行くことができません。ぜひお近くの原発を作ること、再稼働に反対することに全力をあげて下さい。わたしたちには、見て応援するだけの「評論家」はいらないのです。
▼テント前の抗議が終わったあと、丸の内署に勾留されている逮捕者の救援に向かった。詳細はYouTubeでご覧いただきたい。夕食は昼飯の残りを食べた。
▼オリンピックにはまったく興味がない。今朝の報道でケンブリッジ飛鳥君が江東区に住んでいるとあった。ネットで調べて見ると、彼が卒業した中学校は連れ合いの後輩になることがわかった。

|

« テント撤去と◇「シン・ゴジラ」を見る。 | Main | 警察の強権的な取材規制の狙いは。 »