« ◇「ニュースの真相」を見る。 | Main | 分厚い本はカッターでバラして読む。 »

August 10, 2016

「空から降って来た」のはオバマである。

026
(長崎平和祈念像:2014年12月筆者撮影)
▼猛暑ですが、毎晩大手町四電東京支社前に抗議に行っています。小さなマンションに住んでいますが、ゴミ集積場所に毎朝自宅のゴミをもって行くと、この数日ペットボトルと、アルコール類の空き缶が目立ちます。それもかなりの量です。人間はこの暑さに耐えられず、水分やアルコールを補給して、現実を忘れようとしているのでしょう。
▼今朝の「東京新聞」を見ると、新しく経産大臣に就任した世耕弘成氏が「新閣僚に聞く」という欄で「東電信頼回復が先決」と言いたい放題をいっています。原賠法の確立、そしてTPPの批准です。世耕氏はかつてNTTデータか何かに所属していて、後に自民党の選挙戦略で頭角を現して認められた人物です。ご存じのようにマグロ養殖やナマズの蒲焼き、そして小型実験原子炉を持つ近畿大学との結びつきも強い方です。
▼さて何といっても昨日の長崎の原爆投下記念日で、「オバマ演説」に対して長崎市長は実に的確な指摘をしました。オバマは何度も指摘していますが、「死が空から降って来た」と表現しています。原文はこちら ここでも明らかに「death fell from the sky」と死が空から降って来た」とはっきり言っている。問題なのは誰が原爆を投下したのか、という主語が抜けていることだ。
▼あの日のオバマの広島訪問場面を見ていると、いずこからともなく、軍用ヘリが飛んで来て着陸し、SPに囲まれて平和公園に到着している。おそらく岩国基地あたりから派遣されたヘリに乗って来たのだろう。パフォーマンス好きなアメリカ人ではある。それを有り難がって「オバマは謝罪にやってきた。」「オバマを連れて来た日本の安倍はたいしたもんだ」という噂だけが先行している。しかし実体は長崎市長が指摘するように「何も謝罪の言葉などなかった」それに「原爆を投下したこと」についても謝罪していない。拡大解釈をすれば「オバマ=(イコール)死に神」という事になるだろう。

|

« ◇「ニュースの真相」を見る。 | Main | 分厚い本はカッターでバラして読む。 »