« 雷雨に怯えた日。 | Main | テント撤去と◇「シン・ゴジラ」を見る。 »

August 20, 2016

2万4千歩の夜の出来事。

Tetu819a
(農水省前で訴える火焔瓶テツさん)
▼昨日の総歩数は2万4千歩。内幸町駅を出ると、たんぽぽ舎のみなさんが、関電前でトラメガを持たず、抗議スピーチをしているので15分間だけ参加。それから農水省前で「築地市場移転で許可を出さないように」と要請行動に参加する。ビデオカメラをセットして30分たってからお断りして、国会正門前の反原連に行く。参加者は100名前後。到着すると何と、春橋氏が何やら横断幕を持っているので驚く。海水浴に行かれたせいか真っ黒だった。最初は横浜の佐藤氏、次が春橋氏、3番目がわたしだった。反原連も忘れられないよう、月に一度はスピーチするようにしている。ここではもんじゅ復活?のスピーチをする。
1804
(テントは不滅です。19日夜の脱原発テント)
▼終わって茱萸坂上で反原連のブースによって立ち話をする。そのあと経産省脱原発テントの前で1803日のライトを撮影して農水省前に戻る。こちらも体調が悪い人が多く、屈強の男性の姿は少ない。明日の「新宿は港街行動」があるので8時半ころ、この場所の要請行動は終了する。ところが警察庁前を通ると鳴り物の音が聞こえるので、Uターンして合流する。高江のヘリパッド工事反対に参加している人を、全国の機動隊を派遣して弾圧するな、という緊急抗議だった。ここでは「シン・ゴジラ」に関連づけてもっとマトモな官僚になれ、というような話しになる。終わった後参加者のCさんは「シン・ゴジラ」は3回ご覧になったとかで、映画の話しが進む。結局警察庁前の抗議は9時40分くらいまで行う。
▼再び徒歩で有楽町まで歩く。午後10時40分帰宅してiPhoneの歩数計を見ると2万4千歩だった。このパターンが週に3日から4日続いている。「あの人は好きでやっている。やっても変わらない」とわたしは言われているらしい。その人達は実際耳を塞いで現実に起きていることを知ろうとしないだけだ。首都圏でも東京湾でも放射能汚染がどれだけ進んでいるのか知ろうとしない。「どこの魚なら安全?」と言うに至ってはお笑いだ。わたしは他人に説教する時間はない。知りたいことは自分が触覚を延ばせば知る事ができる。わたしは東大を出た「有能」な官僚の言いなりになって死にたくない。結局世の中は「利権」で動いている。昨日朝のNHK、防衛関連予算が5兆1千億と戦後最高になったという。
▼怖くもない国を「怖い、怖い」と新聞TVに書き立て、恐怖を煽る。防衛官僚が「静止衛星が欲しい」と呟くとそれを記事にするバ○記者。北ミサイルを早く発見してミサイルを撃つため、イージズ艦を増やせと書かせる。これとて1隻1500億円で、韓国が買っているものより2倍高い。オスプレイも同様。その差額は防衛省を退職して軍需産業に天下りした連中の懐に入っているだけ。わたしはこういう事が許せない。
▼抗議活動が終わって、遅いので地下鉄ではなく、有楽町からJR秋葉原で乗り換えると、後部車両はオレンジ色に染まっている。ジャイアンツファンだ。大体わたしは、「安全パイ」につかまっている人たちが嫌いだ。4チームくらいの投手を抱えて勝てなきゃおかしい。世の中のことを知らず、電車の中はゲーム機に夢中になっている人で満員だ。これは街頭行動には一切出ないで家でTVを見て酒を飲んでいる人と変わらない。毎週毎週、国会前に来てくれとはいわない。あなたの家の近く、職場で何が出来るか考えて欲しい。

|

« 雷雨に怯えた日。 | Main | テント撤去と◇「シン・ゴジラ」を見る。 »