« 1958年の映画「一粒の麦」を見る。 | Main | ◇「クワイ河に虹をかけた男」を見る。 »

September 12, 2016

『脱原発9.11怒りのフェスティバル』に参加する。

911a
(911集会の一コマ、ツイッター画面より)
▼昨日は11時45分に家を出て,地元キューピッド・ガールズの「電話の日イベント」撮影に出かけた。少し遅れてきた中年男性とお話しをする。彼は小田原から毎週、この「ショー」を見にやってると言う。もっと驚いたのは、カメラ好きな青年が大阪から新幹線でやってくるというのには、もっと驚いた。前者の男性とはもう少しお話しを伺った。2年前に定年退職し、普通の企業に再就職したが3ヶ月ほどで止めた。つぎに警備会社に勤めたがこれも長続きしなかった。ところが外資系の自動車関連会社に面接で受かって,「来て欲しい」ということになった。外資系は高齢だからといって給料が安いという事はない。すべてがキャリアで一般社員と同じ待遇で仕事をして、毎日が充実している、という事だった。
▼ショーは30分少々。自宅に戻って昼食を掻き込んで内幸町に向かう。先日警察によって撤去された経産省テントが出来たのが5年前でその記念集会は、「撤去前」から決まっていた。イベントの詳細はすべてビデオに収めてあるのでご覧いただきたい。
9月11日(日)『脱原発9.11怒りのフェスティバル~設立5周年~』(1)
怒りのフェスティバル~設立5周年~』(2)
怒りのフェスティバル開会前、「悪態」をついて立ち去る街宣車。
怒りのフェスティバル番外編資源エネ庁前の抗議集会の火焔瓶テツさん。
▼資源エネ庁前集会は,家庭の事情で1時間だけ参加させていただいた。それでも帰宅したのは午後8時近くになっていた。つまりほぼ8自時間屋外で撮影を兼ねて活動していたことになる。

|

« 1958年の映画「一粒の麦」を見る。 | Main | ◇「クワイ河に虹をかけた男」を見る。 »