« ◇「クワイ河に虹をかけた男」を見る。 | Main | 第32回原子力規制委員会傍聴で考えた。 »

September 14, 2016

お人好しの日本のミサイル防衛網

▼このところNHKの報道姿勢には首を傾げたくなることが多い。今朝のニュースでは医療費が大幅に増えて50兆円を超えて過去最高の金額になったという。まるで病気になったり,医者にかかるのが悪い、とでも言いたそういいぶりである。片一方先週の防衛費が過去最大の5兆円を超えたことはさらった流している。例えばオスプレイ等まとめて買っても値引き要求のさせないで、言い値で買う。当たりもしないのに、ミサイル防衛網を作ろうとして、次々イージス艦を建造する。このイージス艦も韓国のそれと比較すると倍くらい高い。みんなキックバックとして日米の防衛マフィアの懐に入っていく。
▼先週のデモクラTV「永田町風雲録」(原題は「ふーうん録」という)では,昨年の安保法制の国会のやりとりを分析していた。それによれば防衛装備庁を発足させたことで、日本は米とヨーロッパの軍事マフィアに仲間入りを果たした。それにより、「軍事危機を煽り」恒常的な武器増産と研究開発の仲間入りをした。これは正しい分析だと思う。この時期、この現代において全面戦争を起こそうというバカはいない。「危機感」を煽って,国民に防衛費を増やす「合理的な根拠」を示す事が大事なのだ。日本だって防衛を言うなら、まず50基もある原発を全力を挙げて廃炉にすることだ。
▼北ミサイル、北原発で大騒ぎしているが、日本の原発数基をミサイルで狙えば、日本に人間は住めなくなる。そういう現実的な危機は覆い隠したままで、「北ミサイルが危ない」、ことだけNHKの放送や大マスメディアは書き立てる。ミサイル防衛網の日本の現在の目玉はPACK3だけだ。しかしこれとてマッハ2から3なのだ。ところが北ミサイルは秒速1000mから2000mだ。PACK3はその時点で速度で追いつけない。落とすなどもっての他だ。にも係わらず,ミサイルの実験がおこなわれると「破壊命令」が発令される。北のミサイル格納庫も分からない。どこに向かっているか、発射情報は韓国の発表を待つだけ。
▼しかも日本のPACK3の配置先は常に市ヶ谷の防衛省と決まっている。習志野駐屯地にもあるが、これも特定されている。相手はこれに常時標準をあわせておけばいいから簡単だ。なのに日本政府は,テレビで市ヶ谷のPACK3を写して国民を「安心」させる。お人好しを絵に描いたような世界である。

|

« ◇「クワイ河に虹をかけた男」を見る。 | Main | 第32回原子力規制委員会傍聴で考えた。 »