« 泊原発が事故を起こしたら北海道はすべてを失う。 | Main | ◇「築地ワンダーランド」を見る。 »

October 18, 2016

泊原発の賛成CMに出た元「左翼」文化人のこと。

Img_4585
(17日衆議院会館前でTPP国内批准絶対反対!反対とを訴える火焔瓶テツさん)
▼昨夜は雨模様だったので、合羽と雨用の革靴を履いて衆院第二議員会館前に出かけた。ゴム長も良いのだが、台風のような大雨でない限り、長時間歩いているとガバガバして歩きにくい。会場付近に到着すると白髪の美女がいらして、よく見ると月曜定例会のお吉さんだったのでご挨拶する。お吉さんはわたしが、サングラスを掛けていなかったので気が付かなかったとおっしゃる。サングラスはスピーチ用で、それ以外や夜は、まぶしさをカットするグラスにしている。
▼ほどなく常連さんが次々に見える。今朝のNHK6時台のニュースで、TPPの国会論議と地方公聴会を開くという自民党の方針が報道された。しかし7時になると、トップニュースで天皇在位問題検討会議の内容。イラクのIS掃討作戦。フィリッピン大統領が訪中で、TPPは一言も報道しない。そして行きなりスポーツニュースへ突入する。議員会館前でスピーチするみなさんは、いまTPPを取り上げる事が、いかに大切で日本の命運を左右する重大な事柄だ、とスピーチしていらっしゃる。自分の思いをどう客観化するかが、今後の課題だと思う。以下YouTubeにある保団連のTPP解説だが、これでもまだ固すぎると思う。
▼泊原発再稼働問題は書きたいことは、まだまだたくさんある。しかしわたしもやるべき課題が山積しているので、今回で一応終わりとしたい。途中からご覧になった方々も何回か連続掲載しているので、それもご覧いただきたい。さらに札幌と岩内で開かれた再稼働反対集会の模様はツイキャスとYouTubeにあるので、併せてごらんいただきたい。
▼「週刊金曜日」10月7日号に「原発文化人、山内昌之の買収価格」という一文が寄せられている。山内は9月29日に泊原発を訪れ要旨次のように語っている。「サウジでさえ原発の開発をすすめている。資源のとぼしい日本は(原発が必要だ)泊原発の皆さんの安全に対する決意と想いが広く理解されるよう願っている」。ちなみにこの広告提供者は石坂浩二のそれとおなじ電事連である。
▼2010年スポーツライターの玉木正之のところに某広告代理店から地方紙から出演依頼が舞い込む。要旨「原発の正しい知識を伝え、オピニオンリーダーの貴殿の口から「真実の言葉」を語って欲しい。「実はよく分からない」、「これを機に学びたい」でも構わないという。玉木氏は「使用済みの核燃料がたまっている。考えないといけない」と広告会社に尋ねると社員は「もうちょっと、原発に肯定的なことも言っていただきたい」と注文をつけた。
▼話は出演料になって500万円と打診される。玉木は「想定の10倍、出ると自分を否定しなければいけない」と玉木はこの企画を断る。フクイチ事故が起きたのは翌年の3月だった。玉木は事故を見た瞬間「広告に出なくてよかった」と思った。福島の惨状を見て「出なくて良かった」玉木。泊原発のCMに平然と出演している山内は出演料(買収価格)を明らかにする必要がある、と佐高は結んでいる。
▼泊原発再稼働反対問題の連載はこれで一応終わります。

|

« 泊原発が事故を起こしたら北海道はすべてを失う。 | Main | ◇「築地ワンダーランド」を見る。 »