« 小樽にて、今日は自転車キャラバンから始まる模様 | Main | 小樽から札幌を目指す。 »

October 11, 2016

北海道に向かう迄の準備編

▼断片的にツイッターに書いたが、9日深夜に新千歳から最終便で帰ってきた。定刻より10分ほど遅れて羽田に着いた。搭乗する前に、降りやすいように前の出口に近い席を選んだ。ガラガラ引っ張るカートは荷物はたくさん詰め込む事は出来る。しかし時間が迫っているような場合、リュックだと走ったり、階段を駆け上がる時は便利である。そのため1週間前に金属フレームが入っている5千円弱のリュックを買った。防水カバーも内蔵されていて便利である。だが家族jからは、アウトドア用で、都会には向いていないと評判は良くない。
▼リュックを背負ってモノレール駅まで小走りに走る。というのは午後11時羽田着だから乗り継ぎが悪いと終電を逃してしまう。この期に及んで余計な出費は避けたい。いつもの事ながら、再稼働阻止全国ネットの会議に参加させて貰うと膨大な資料をいただく。だからかさばったり重量のあるお土産は一切買わなかった。豆粒2個ほどのガラス玉2個だ。欲しいものはたくさんあるがリュックにはスペースがない。資金もない。結果として交流会でいただいた資料は3cmくらいの分厚いものだった。ほとんどは手書きの全国各地で発行されている,反原発運動の資料だ。会議は電力会社などに手の内を読まれないため録画・録音禁止で非公開だった。差し支えない文書に関しては明日以降に配布されたチラシなどを分析・解題して掲載するつもりである。
▼今回はツイキャスでリアルタイムで全国に泊原発再稼働反対集会の模様を配信することにあった。そのために多くの友人たちから行動費をカンパしていただいた。そのためツイキャスをするための機材は三脚から照明まで結構重かった。わたしはツイキャスは素人に近い。PCからは2年前から数回行っていた。スマホからは,滑って転んだ5月11日刑事訴訟法改正反対集会の模様を、同じくレンタルWIFIを借りて中継しただけだ。今回は出発直前の10月6日夜、東京都議会前で「築地市場の移転反対」集会があり、届いたばかりのレンタルWIFIを使って実験中継をした。厳しくかつ親切につきっきりで指導して下さったのは、ツイキャス中継の大先輩NKさんだった。
▼1時間余り指導していただき、一応基本はマスターしたつもりで午後8時前に解散になり,帰宅する。翌朝はネコにエサをやる午前4時に起きてそのまま寝ないで,出発に備え、5時47分発のJRに乗って羽田に向かった。前の夜,風邪をひいたようなので、「葛根湯」を多少多く荷物に入れた。疲れてしまってブログを3日ほどお休みしました。

|

« 小樽にて、今日は自転車キャラバンから始まる模様 | Main | 小樽から札幌を目指す。 »