« 出征兵士の姿を彷彿とさせる南スーダン行き | Main | 「いまそこにある危機」とは? »

November 22, 2016

どうか、いつまでも東電を信じてやって下さい。

▼しかし今朝の地震は長く感じた。1週間ほど前にNZのクライストチャーチで地震があった。311の時もその2週間後に日本で311が起きている。今回もほぼ同じサイクルである。ノーテンキだと思うのは、タイムラインを見ていると東電公式ツイッターサイトで「情報が分かり次第お伝えする」と発表しているのを数百人の人達がリツイートか「いいね」をしている事だ。実に幸せな人達だ。311の時「爆発はない」と言い続けたのは東電であった。爆発してからも同じ。被災者は右往左往させられた。いつも地震が起きるとNHKは「東電は放射能やモニタリングポストで異常がない」とのことです、と発表する。記者がいるだろう、木鐸記者が。一説によると労働組合との協約で「危険地域にはいかない」という契約があるのだそうだ。
▼東電は廃炉の費用を巡ってまたごねている。全額東電が払うと倒産してしまうので、税金で払って欲しいと経産省と交渉を続けており、このままでは年内にその方向で決まってしまう。わたしなど言いたくはないが反原発で4年間毎週抗議の声を上げてきた。その間の交通費だってバ○にならない。再稼働に毎週反対して行動して来た人も、家の中でじっとしていた人も同じのはおかしい。黙っていた人からは税金から大目に徴収して欲しいと個人的には思う。11月25日午後2時から院内集会があるので、いつもオウチの中にいる方が参加して,東電と経産省に大声でご意見を言って欲しい。

|

« 出征兵士の姿を彷彿とさせる南スーダン行き | Main | 「いまそこにある危機」とは? »