« ツイッターに変わるものを探しておいた方が良いかも。 | Main | ブログが書けない理由について。 »

November 17, 2016

医官と衛生兵の違いについて考える。

▼昨日は午前7時から電車で移動していた。夜の抗議行動の時間を生み出すにはそれなりの苦労がある。昨日の「東京新聞」PKO派遣部隊の追加記事。防衛省は「医師と看護師」を3人から4人に増やしてつけるから大丈夫と言っている。それは野戦病院も作らねばならないし、普段の作戦や移動においてもl医官などは付いていく。しかし戦闘にあっては「衛生兵」という特殊な訓練を受けた兵士が必要なのだ。怪我をした兵士に痛みを和らげるため、麻酔打ったり,気道確保など簡単な手術ができるように訓練されている。訓練を受けていない人がこれをやったら「医師法違反」で逮捕される。
▼戦争映画を見ていると、怪我をした兵士やすぐそばにいる仲間が「メディック!」と叫ぶ。日本語では「衛生兵」と訳している。だが日本の自衛隊にはそういう制度がない。衛生兵は中隊に一人くらい配置される。大体150人に一人だ。兵士とともに戦闘のまっただ中にいて,緊急事態に対応する。衛生兵は普通ヘルメットに大きく「赤十字」」のマークが描かれており、衛生兵を狙って殺害することは国際法違反となる。しかしいずれにしても国会の答弁逃れの手法としか思えない。こういう事を自分で取材せず、防衛省の発表するままを検証しないで、記者は情けない。
▼毎週水曜日は元農水大臣であるY氏や、TPP解読チームのUさんらが主催する「TPP反対統一行動日」であった。私が見聞きしている範囲でもトランプ大統領が誕生してから,彼に対する期待が高まり雲行きが怪しくなってきた。毎週合同する形で抗議に参加して来たが、昨日から独自抗議をすることになった。午後5時から始まった市民連合の抗議は、6時半近く場所を首相官邸前に移動した。官邸前には3ンくらいの人達が座り込んで何やら抗議をしていた。近寄って展示してある横断幕を読んだら、動物の殺処分反対、ペットの売買敗退を訴えていた。
▼てつさんたちも「趣旨に賛成だから一緒にやりましょう」とお話ししたが、「どうぞ」と場所をあけで下さった。

|

« ツイッターに変わるものを探しておいた方が良いかも。 | Main | ブログが書けない理由について。 »