« 韓国映画「弁護人」を見る。 | Main | 医官と衛生兵の違いについて考える。 »

November 16, 2016

ツイッターに変わるものを探しておいた方が良いかも。

▶︎毎年11月と12月は目のまわるようないそがしさだ。今年それにTPP反対行動がくわわった。さらに昨年までの、You Tube録画に加えてツイキャスが加わった。実は行動が終わり、帰宅してからのほうが忙しい。昨晩は午前零時まで、今朝は4時30分に起きて作業をするを続ける。そんなわけて、時間に余裕があったら続きを書きます。いま京成電車で、成田方面に向かっています。
▼ここまでは電車の中で書きました。昨晩の行動は比較的暖かく、楽でした。わたしは昨年まで着用していたダウンコートが見つかりません。おそらくゴミとして捨ててしまったと思われます。暖かいのを良い事にして、まだ買いに行っていません。ヒートテックを上下着用して、マフラー、革手袋着用でなんとか過ごしています。昨日はビデオライトがなくて大型懐中電灯で凌いでいました。ライトは友人に頼んで改造して貰っています。大型のポリマー電池とライトを直結します。さらに安定させるため、抵抗を入れて調整中です。これが完成すれば、毎週単一電池を2本買わなくてもすみます。昨晩の行動はYouTubeに3本アップしてあります。しかし参院議員会館前でTPP反対抗議をしていると、国会はいつの間にやら大政翼賛状態になってしまったようです。
▼昨日の東京新聞に「米ツイッター社が赤字で身売りをしようとしているが、引き受けてがない。もしかするとこのまま倒産してしまうかも知れない」という憶測記事がでていました。ツイッター愛好者のみなさん、準備だけはしておいた方が良いかも知れません。わたしはブログだけで足ります。フェイス・ブックのIDも持っていますが、このフェイスブックはCIAが情報収拾のため作った事を知り、今は一切使わず塩漬け状態になっています。
▼今朝の東京新聞に「自衛隊のPKO駆けつけ警護」について触れていました。記事のなかで、隊員の全員のヘルメットにビデオカメラを装着しつけるから大丈夫という記事があって呆れました。(民生用のウェラブルカメラと言いますが、わたしも,持っています。)自衛隊は一貫してそういう態度です。しかしそんな、ものは何の役にも立ちません。映画「ある戦争」(A WAR)でも戦闘員は全員カメラをつけていたように思います。しかし緊急事態の「判定」はかなり難しいです。自衛隊は今でも閉鎖的なのに、自分に都合の悪い映像を一般公開するとも思えません。大体軍法会議も法務官もいないのにどうやって判断するのでしょう。

|

« 韓国映画「弁護人」を見る。 | Main | 医官と衛生兵の違いについて考える。 »