« クリスマス照明の自粛は終わってしまったようだ。 | Main | ◇「ヒトラーの忘れもの」を見る。 »

December 16, 2016

iPhone5Sの電池交換にチャレンジする。

▼iPhone5sの電池が持もたなくなってきた。夜の抗議行動に参加していると、帰りの電車の中では赤い「もうすぐ切れる」というマークが点灯する。9月に泊原発の再稼働阻止行動に参加したときも、あのみぞれが降るシーンでは外部電池による充電もできなくなってしまった。新千歳空港について、構内で充電しようと試みたが、赤いマークは消えたが充電はできなかった。
▼2週間ほど前のNHK日曜日の「朝イチ」だったと思うが,iPhoneの修理に特化した修理のサービスチェーンをオープンさせた外資系の会社の紹介をしていた。未経験者でも短時間の訓練で,客の前で修理してくれる。これならば、データを吸い出されて悪用される心配もない。さっそくネットで調べて見たが、住まいの近くにはそういう会社は存在しなかった。
▼問題は電池だけだ。ネットでいつも充電池を買っている会社のサイトで見ると修理のドライバーキット付きで1250円と出ていた。本当かなと思って注文すると5日ほどして電池が届いた。蓋をあけるまで出来たが、その後はコード類がバリッとと取れてしまいそうなので怖くなった。アマチュア無線時代の友人に相談する。昨晩若い友人が自宅に来てくれた。彼の事は高校時代から知っている。無線機器は何でも自作してしまう人だった。その後高卒後測定器を作るメーカーに勤務していたが、今は自営のようだ。10年振りに会ったら、もう白髪がチラホラ見える。35年ほど付き合っているから当然と言えば当然だ。
▼リチウム電池を交換する作業は30分ほどで終わった。修理工場に依頼すれば、電池交換をするだけで8000円もする。あと最終的に小さいネジを6本留めてカバーを覆えば作業は終了する。
▼昨晩は外務省前でNAJAT主催で「プーチンを逮捕せよ」(シリア空爆で大勢の人を殺害したので国際法で裁け)という抗議があった。事前に複数の関係者に了解を取ってツイキャス中継をさせていただいた。今日にはプーチンも東京にやってくるので、警備はかなり厳しかった。
Starsstripes
▼帰宅してからネットで「スター&ストライプ」(stars& stripes星条旗というアメリカ軍の機関紙)を検索したらオスプレイが沖縄で墜落した事故で「crash reignites」と書かれている。つまり「壊れて燃えた」のだから日本政府が言う不時着とはほど遠い出来事である。

|

« クリスマス照明の自粛は終わってしまったようだ。 | Main | ◇「ヒトラーの忘れもの」を見る。 »