« オスプレイは「不時着」でなく「墜落」だ。 | Main | iPhone5Sの電池交換にチャレンジする。 »

December 15, 2016

クリスマス照明の自粛は終わってしまったようだ。

Img_5066
(国会議事堂と満月)
▼昨日は某県立美術館の作品展の取材。会場には時間前に到着したが、誰に会ったらいいのかわからず少々苦労した。分かり安い作品から、まったく意味不明の造形作品まであった。来年1月4日の締め切りだが、文字数も800字と少ないので、印象が薄れないうちに書いてしまおう。
Img_5067
(夜間の信号照明灯の灯りで桜の開花に見える紅葉)
▼夕方から例によって会期末を迎えた国会参院前まで出かける。昨日は小雨て苦労したが、昨晩は問題なかった。昨晩から1週間前に到着した今までより大きなライトを使った。カメラマンが大勢いるときは問題ないが、少ない時は威力を発揮する。ライトを買ってから今までポールとミニ雲台が届かなかったので、かなり低い位置において使っていた。でかける前に家電量販店から直行便で届いたので取り付ける事ができた。中継の分野では大先輩のK氏に色々と照明の当て方などを教えてもらった。支柱が多少ぐらつくので、iPhoneを高くして照明ライトの取り付け位置を下げる事を検討している。
Img_5069
(華やかな有楽町のホテルの照明)
▼抗議が終わって首相官邸前からH氏と二人で有楽町まで歩く。H氏は仕事で職場に戻るという。反原発運動の事などを話しながら歩く。あの法務省の前にある明治時代の建築物は夜のスポットライトが当たると美しい.更に日比谷交差点に向かうと枯れ葉に信号の照明が当たって花が咲いているように美しい。さらにその先、シンガポール航空が入っているビル(ホテル)の電飾は、311でクリスマス照明などが自粛されていたことが忘れられてしまったかのようにきらびやかだった。
▼先日再放送された「ヤマユリ園の被害者の再放送」をようやく見ることが出来た。何故か被害者の名前は一切報道されていない。72歳の元職員の方が記憶を頼りに一人ひとりの入所者の思い出を綴ろうとしている。最後に閉鎖された「園」のあとに作られた献花台を訪問する。すると近くこれも閉鎖する書かれている。それをみて「嫌な思い出を消そうとするあまり、入所者たちは二度殺される事になる」と呟く。

|

« オスプレイは「不時着」でなく「墜落」だ。 | Main | iPhone5Sの電池交換にチャレンジする。 »