« NHKで増殖する戦争回顧番組。 | Main | オスプレイは「不時着」でなく「墜落」だ。 »

December 13, 2016

世論調査はアテになるか?

Img_5054
(12日参院議員会館前でスピーチするかむろてつさん)
▼政府が次々課題を出してくれるから、国会参りが止まらない。年金カット法案から、ギャンブル解禁法案はどなたかお時間ある方々にお任せしたい。だが両方の課題で誰も抗議行動をしている人はいない。最近きな臭いのはこのどさくさに紛れて「共謀罪」まで「成立」させようとしている。これも国会周辺で抗議をしている人はいない。今朝のNHK午前7時のニュースで「世論調査」なるものが発表された。1)オリンピック開催の縮小予算を評価するか。2)憲法改正の必要性。3)原発再稼働。この三つに共通しているのは「どちらとも言えない」というのが3番目にくる。これは設問がおかしい。「どちらとも言えない」という設問は「どっちにしようか迷っている」という雰囲気になる。実際は「分からない」だろう。このへんにNHKの作為を感じる。
Img_5059
(日米FTA反対の声を上げる参加者のみなさん)
▼昨晩の参院議員会館前アクションの動画(2)でTさんが世論調査で重要な問題提起をしておられる。34分17秒から始まるが、20分くらいなのでぜひご覧いただきたい。要する意図的に争点隠しが行われていたのでは、という疑念である。さらに韓国の大統領の利益誘導疑惑も実はアメリカのオフショア・コントロールの疑いがある。
▼NHKのニュースでもこの2週間くらい「TPP」という言葉は消えていた。今朝のトップニュースは「線路突き落とし事件 28歳男を殺人未遂容疑で逮捕」だ。茶飲み話のネタとしては面白い。しかしIR法案も年金カットも霞んでしまっている。これは政府・もっとはっきり言えば管義偉官房長官の指揮の下に行われている戦略なのだ。
▼ついでにいうとわたしは前から思っていたのだが、かつてはタリバンの石像破壊、最近ではISによるパルミラの世界遺産が破壊行為。彼らの行動をすべて是認はしない。しかし彼らは食っていけないから闘っているはずである。それを衣食住満ち足りている西欧や「先進」国がとやかく言う筋合いはない、と思う。

|

« NHKで増殖する戦争回顧番組。 | Main | オスプレイは「不時着」でなく「墜落」だ。 »